仕事、人間関係、家庭、子育て……。いろいろ抱えながら、多忙な日々をひたすら疾走しているあなた。冬の夜のひととき、「大人も号泣できる絵本」をゆっくりと開いて、その疲労とストレスをすっきり洗い流してデトックス(解毒)しましょう!

『涙腺刺激度』(☆3つが最高)はあくまでもガイドの主観ですので、ご了承ください。

『悲しい本』(涙腺刺激度 ☆☆☆)

『悲しい本』
マイケル・ローゼン 作
クェンティン・ブレイク 絵
谷川俊太郎 訳
とにかく泣きたいあなたに。悲しみを見つめてみませんか

悲しみとは、かくも人を蝕むものか。最愛の息子を亡くした男のモノローグ。ところどころユーモアを交えた語り口に、身を切るような喪失感がにじんで痛い。今秋映画化された『チャーリーとチョコレート工場』原作本の挿画家、クェンティン・ブレイクが描き出す男の姿は、流れるロンドンの風景の中でそこだけが光を失っている。

光のあった日々。男は、ロウソクの灯を見つめてそれを思う。
「……幸せそうに見えるかもしれない。じつは、悲しいのだが、幸せなふりをしているのだ。悲しく見えると、ひとに好かれないのではないかと思ってそうしているのだ。」
1ページ目。幸せなふりをしたことのある人なら、ここから涙腺が全開だ。

『だいじょうぶだよ、ゾウさん』(涙腺刺激度 ☆☆)

『だいじょうぶだよ、ゾウさん』
ローレンス・ブルギニョン 作
ヴァレリー・ダール 絵
柳田邦男 訳
死と向き合う。こころは成長する。何かを失くしたあなたに

死を恐れ、死を受け入れ、死を迎える準備をする。年老いたゾウが「遠いゾウの国」へ行くことを、幼いネズミは成長とともに受容する。「大人にこそ絵本を」と、近年活動に尽力する柳田邦男さん訳。死とは、喪失することではなく、「見送る」ことなのだ。「きっとすべてうまくいくよ……」と幼いネズミが最後につぶやく言葉が印象深い。

『ポテト・スープが大好きな猫』(涙腺刺激度 ☆☆)

『ポテト・スープが大好きな猫』
テリー・ファリッシュ 作
バリー・ルート 絵
村上春樹 訳
同居人・配偶者・恋人・・・「アイツ」に腹を立てているあなたに

村上春樹さん訳の話題の新刊。おじいさんと猫の静かな暮らしに、ある日、ある変化が起きる。静かに刻まれるリズムの中に、突如現れる空白。パートナーシップの不調も、きっかけは愛で始まる。もう一度暖かな気持ちになれる本。


『おおきな木』(涙腺刺激度 ☆☆)

『おおきな木』
シェル・シルヴァスタイン 作・絵
ほんだ きんいちろう 訳
「満たされる」ってどういうこと?満たされないあなたに

惜しみなく与える者。容赦なく奪う者。二者の関係の中、自分はどちらだろうと考えさせられる。親に対しては?子供に対しては?配偶者に対しては?友人に対しては?対人関係で満たされないものがあるなら、この本で振り返ってみよう。読む時期によって、誰を思い起こすかによって、それぞれに得るものが変わる本。この本がベストセラーののちロングセラーとなったゆえんだろう。

『おくりものはナンニモナイ』(涙腺刺激度 ☆)

『おくりものはナンニモナイ』
パトリック・マクドネル 作・絵
谷川俊太郎 訳
「君がいる」。それだけをじっと大切に温めたい

きっとどこかで目にした事のあるコミック、「Mutts」の作者パトリック・マクドネルによる、ネコ好き、イヌ好き双方に訴求する愛らしい絵本。シンプルな文、シンプルな絵。シンプルでストレートなテーマ……47ページまでは。最後の見開きページでグッとくる。読後感はちょっぴりリッチだ。


『ザガズー じんせいってびっくりつづき』(涙腺刺激度 ☆)

ザガズー
クェンティン・ブレイク作・絵
谷川俊太郎 訳
子育て中のあなたに。育っているさなか、または、もう育っちゃったあなたにも。

冒頭で紹介した『悲しい本』の挿画家、クェンティン・ブレイク作・絵。「ザガズー」なる謎の生物の生育記。実はあなた。そしてあなたの子供。みんなこうやって育ってきた。そうだそうだ、子育てなんてザガズー育てだと、フッと楽になって笑みが浮かぶ。もし子育てに悩んでいたら、個人的にどんな子育てバイブルよりもお勧め。


関連コンテンツ
【作者が込めた真のメッセージとは? 名作絵本『スイミー』の真相】All About[子育て事情]
All About[話題の本]本のライターであるガイドが、巷で話題の本、新作などの読みどころをご紹介します。
【今、絵本が大人気!お薦めクリスマス絵本12】All About[幼児教育]
【大人も楽しめる、クリスマス絵本】All About[幼稚園・保育園]
【☆絵本で楽しいクリスマス☆】All About[育児の基礎知識]
【イブの夜を3倍楽しむグッズ!vol.1 絵本】All About[子供用品・ベビー用品]

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。