使い回せるおくるみは用意しておきたい

カバーミー ブランケット ケーブル
おくるみにひざかけにママのショールに。使い回せる重宝な1枚購入はこちら(Amazon)
産院を赤ちゃんと一緒に退院する時、赤ちゃんをくるむためのおくるみがあれば安心。これは出産前に準備して産院に持っていきましょう。まだ体が柔らかい赤ちゃんはおくるみでくるむと抱っこしやすく、くるまれると赤ちゃんも安心します。赤ちゃんの肌がけにも使えるので、出産前に1枚用意しておきたいものです。

出産前に準備が絶対必要なベビー用品は意外と少ない

takata04-system4.0
赤ちゃんが乗る自家用車にチャイルドシートは必需品。安全性が高いものを選んでおきたい購入はこちら(Amazon)
スヴェンスク・コリィ ベビーベッド
ベビーベッドやベビー布団もネット通販ですぐ手に入る。クリックすれば翌日配達も可能購入はこちら(Amazon)
ベビー布団は絶対必要でしょうか? 新生児のうちは授乳が頻繁だから、ママの布団に一緒に添い寝でもOK。もちろんベビー布団やベビーベッドを出産前に用意してもよいですが、生まれた後に用意しても大丈夫。暖かい季節なら、かけ布団はおくるみやバスタオルでも代用できます。床に布団を1枚敷きママと赤ちゃんが添い寝し、赤ちゃんが寝返りするようになってからベビー布団を敷いて親子3人川の字で寝てもよいのです。特大敷き布団を使い、親子一緒に寝てもよいのです。床に布団敷きで寝るとホコリを吸いやすいといわれていますが、心配なら空気清浄機を利用するというのも方法です。

ママがベッド使用の場合は赤ちゃんが落ちないように注意する必要があるので、心配な場合はベビーベッドを用意。寝具は出産のお祝いにおねだりしたり、先輩パパママからゆずっていただきやすいもの。お祝いとしてお願いしたりリサイクル品を探してみても。産後のママの体調が優れないなどでベビーベッドを使用したほうがよい場合は、出産後に探してもすぐ手に入るものです。

また、産院から自家用車に赤ちゃんを乗せて帰宅する場合、新生児から使えるチャイルドシートが必要です。最近は質が良く長く使えて買いやすい価格のチャイルドシートが出ているので、出産前に自家用車に準備しておきましょう。

ベビーキャリアやベビースリングやベビーカーにマザーズバッグ、ベビー用品は他にもいっぱいあります。もちろん、気に入ったものがあれば出産前に準備してよいものですが、これらは出産後でも大丈夫。生まれる前にネットでチェックしておき、生まれた赤ちゃんで実際に試してからオーダーを入れればよいのです。

この他、産院から持ってくるように指定されるベビー用品がある場合は、それらも用意します。ママのための出産準備品も必要です。

生まれてみると、様々なできごとに遭遇します。何が必要になるかは赤ちゃん次第。出産前にチェックしておき、出産後パパと一緒に赤ちゃんの様子を見ながら注文を。ネット通販を賢く使って無駄なく本当に必要なものを手に入れましょう!

【関連記事】
出産準備におすすめ! こだわりの哺乳びん - [ベビー用品・育児用品]
もらって嬉しい人気出産祝いギフト大集合! - [ベビー用品・育児用品]
漏れない汚れない布おむつ バンビーノミオ - [ベビー用品・育児用品]
ベビーが泣きやむ魔法のおくるみカバーミー - [ベビー用品・育児用品]
読むと差がつく母乳育児の基礎知識 - [ベビー用品・育児用品]

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でベビー用品を見る

Amazonでベビー用品を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。