たくさんあっていったいどれを選べばよいのかわからないベビー用品。よくわからないまま、あれもこれもと買ってしまいがち。でも出産準備には最低限必要なものだけを用意すればよいのです。赤ちゃんが生まれてから、必要だと思うものを必要になった時に購入すれば無駄な買い物をせずに済んで経済的。ネット通販を利用すればすぐに届くから、出産前に買い込む必要無し! 赤ちゃんの誕生前に最低限必要な出産準備ベビー用品をガイドが選びます!

あれば安心! 紙おむつ・布おむつ

パンパース コットンケア ウルトラジャンボ
産院で評判が高いパンパースの新生児用。ウルトラジャンボパックは336枚入り。これだけあれば1か月ぐらいもつ購入はこちら(Amazon)
股おむつカバー ゼブラ
ゼブラ柄がかわいい股おむつカバー。国産の綿100%で柔らかい手触り購入はこちら(Amazon)
成形 股おむつ
ふんわり厚手に作られた成形おむつは便利購入はこちら(Amazon)
出産準備にまず必要なのは、やっぱりおむつ。使い捨ての紙おむつと、洗って何度も使える布おむつがあります。洗濯の手間がなくおでかけ時に携帯しやすい紙おむつは、1パック用意。新生児のおむつ替えは2~3時間おきなので、たっぷり入っている新生児サイズの紙おむつパックを買っておくとお得。

エコで赤ちゃんの肌にやさしいと選ぶ人が増えているのが布おむつ。布おむつの場合は、おむつカバーにあわせておむつを揃えるのがオススメ。最近のおむつカバーはデザイン豊富でファッショナブル。洗濯を頻繁にするので、すぐ乾くおむつカバーを2~3枚用意。ウール素材やふんわりやわらかい手触りのコットン素材がオススメ。おむつは昔ながらのさらしでもよいですが、洗濯が楽でたたむ手間がいらない成形おむつも人気です。

紙おむつの場合はおむつ専用のゴミ箱があれば便利ですが、これは必ず必要なものではありません。汚れた紙おむつをひとつひとつキッチン用のビニール袋に包んでからバケツや普通のゴミ箱に入れてもOK。これでも臭いがかなり抑えられます。出産後に専用のおむつ処理アイテムが必要だと思ってから購入しても大丈夫。布おむつの場合は浸け置き用のバケツを用意。専用のバケツもありますが、普通のふたつきバケツ2個を使い、うんち汚れとおしっこ汚れのおむつをそれぞれに分けて浸けてもOK。おむつ用の洗剤もあれば便利ですが、重曹を溶かしたぬるま湯に浸けても汚れは落ちます。

おしりふきもあれば大変便利なものです。でも必ず必要ではありません。赤ちゃんのお尻が汚れたらぬるま湯で洗い、着なくなったTシャツなどを小さく切ったはぎれでポンポンと拭いてもOK。浴室でおしりを洗ってもよいですが、洗面器などに入れたぬるま湯にはぎれを浸して拭けば赤ちゃんを移動させずに済みます。仕上げによく乾かすのがおしりかぶれを防ぐコツ。おしりふきはおでかけするようになってから用意してもよいのです。

おむつ替えマットもあれば便利ですが、ガイドはフィルム加工をしてあるツルツルした厚手の広告チラシで代用したことも。チラシが汚れると捨てるのでゴミが増えますが、掃除や洗濯が大変な新生児の時期は割り切ってみても。犬・猫のトイレなどに敷くペットシーツでの代用もできます。市販のおむつ替えマットは防水コーティングやクッションがついているので、機能を求める場合はおむつ替えマットの用意を。


【関連記事】
出産準備におすすめ! こだわりの哺乳びん?もらって嬉しい人気出産祝いギフト大集合!
漏れない汚れない布おむつ バンビーノミオ
ベビーが泣きやむ魔法のおくるみカバーミー
読むと差がつく母乳育児の基礎知識