夜道で光るリフレクター
リフレクターをつけていれば、暗い道でもハッキリ。交通事故防止に効果大【画像提供 Scanjap
梅雨で薄暗い天気が続いています。おでかけの帰り道、ベビーカーを押して道を歩くとクルマの危険を感じることはありませんか? 小学生の学童保育や習い事の帰り道、交通事故が一番心配ではありませんか? 今回は、つけていれば命を守るリフレクターをご紹介します。

最小で最大の交通事故防止アイテム、リフレクター

クルマの運転席からは、薄暗い夕方や夜にライトが反射する反射材がたいへんよく目につきます。ドライバーのいち早い歩行者発見は交通事故を防ぐ第一歩。一方、歩行者もドライバーに早く発見される装備をつけるのが賢い身の守り方。

ベビーカーや幼児用傘、小学生のランドセルやレインコートにクルマのライトに光る反射材がついていることがあります。でも、子ども用品のどの製品にもついているというわけではありません。また、反射材がついていたとしても、反射材の質によってはあまり反射せず、気休め程度でしかない場合も。

きちんと反射するリフレクターをひとつ、ベビーカーやランドセル、習い事のレッスンバッグに下げておくだけで、クルマからの発見率は各段に高くなります。でもカッコ悪いリフレクターではついついはずしてしまうもの。おしゃれなリフレクターなら、アクセサリー感覚でいつもつけていられそう。

レトロタイプ
レトロタイプはマザーズバッグにぴったり
そんなリフレクターが、ライフセーバーのリフレクター。シンプルでキュート、ガイドオススメのリフレクターです。反射材の持つ地味なイメージを感じさせないおシャレなデザイン。それもそのはず、このリフレクターはファッションアクセサリーとしてフィンランドの女性デザイナーがデザインしたもの。フィンランドの美術館やデザインショップで販売されているものです。