厳選! ベルリンのホテル

© THE MANDALA SUITES

デザインホテル、マンダラ・スイートのティーラウンジ © THE MANDALA SUITES

1989年のベルリンの壁崩壊後、再統一したドイツの首都になったベルリン。今でこそベルリン観光で賑わう、町一番の目抜き通りウンター・デン・リンデン周辺は、20年前まではベルリンの壁に遮られた旧東ドイツ側にあり、荒廃も進んでいました。再統一後、旧東ベルリンでは目覚しい勢いで都市開発が進み、現代建築が雨後の筍のごとく建設されます。ホテルもその一部でした。

新しいホテルの多いベルリンでは、斬新なデザインの現代建築や、最新のウェルネス設備が整った高級ホテルに泊まれることも旅の楽しみのひとつ。多くのアーティストが活動の拠点を置いてることもあり、デザイナーが手がけるハイセンスなデザインホテルもたくさん。ラグジャリーなホテルでなくても、国賓からバックパッカーまで世界中から様々なゲストが訪れる町ですので、どんなカテゴリーのホテルだっておまかせです!

ホテルのクラスは星の数を目安にしてくださいね。星の数はドイツ・ホテル協会が一~五つ星で格付けしたもので、信用を重んじるお国柄のドイツらしく、なかなか信頼のおける格付けになっています。

ベルリンのおすすめ宿泊エリア

ベルリン観光の見どころが集中しているのは、東はアレクサンダー広場から西はシャルロッテンブルク城まで、町の中心部から東西に約10kmのエリア。このエリア内ではホテルの数も種類も豊富。地下鉄やバスの路線が縦横に張り巡らされているので移動にも便利です。ベルリンは見どころの多い大都市。観光にもバスや地下鉄が大活躍するので、交通機関へのアクセスの良さは要チェックですよ。

初めてのベルリン旅行だったら、移動のほか食事やショッピングにも便利な場所がいいですよね? 交通・食事・ショッピングの三拍子揃っているのは主に3つのエリア。その一は観光に最適なウンター・デン・リンデン周辺で、中~超高級ホテルが充実。その二はブランデンブルク門から1kmほど南に下ったポツダム広場周辺。最新の現代建築が立ち並ぶドイツで最も現代的なエリアで、高級デザインホテルも密集しています。その三は市街地西部のクーダム地区。ベルリンの主要駅のひとつツォー駅周辺の地区で、カテゴリーの別なくホテルが密集。家族経営のプチホテルなども多いエリアですよ。