おぼれたとき、どうしたらいいの?

Q:昨年、うちの子供と海へ行ったときに、少し目を離していたら波に巻き込まれてしまいました。すぐ引き上げましたが、その後結構咳き込み、心配しました。万が一のためですが、おぼれたときの対処法を教えてください。

A:お答えします。子供がおぼれているのを見つけたら、まずは大声で助けを呼びましょう。海水浴であれば、ライフセーバーの助けを求める。これが大切です。慌てて自ら水に飛び込んで自らも被害に遭う…という二重事故を避けるためにも、多くの人の助けを借りながらすぐに水から引き上げて、状態を落ち着いて観察します。そして、以下の項目をしっかり確認しましょう。各項目は意識がない!の記事を参考にしてください。

観察のポイント
  • 意識はあるか

  • 呼吸をしているか

  • 血液循環はしているか
上のいずれかに当てはまる場合、心肺蘇生法を行います。

心肺蘇生法のABCを覚えていますか?

A = Airway(気道=空気の通り道)の確保

まず空気の通り道の確保です。仰向けに寝かせ、肩の下にタオルなどを丸めて入れて頭を後ろに傾けます。

B = Breath(呼吸)

いわゆるマウス・トゥー・マウスの人工呼吸です。鼻をつまんで口から息を、およそ2秒ぐらいかける感覚で吹き込みます。

C = Circulation(血液循環)

心臓マッサージです。心臓のある場所(写真の×印)をしっかりぐっと押しては離す、この繰り返しです。
心臓の位置は左ではありません!
心臓の位置は左ではありません!


水の吐かせ方

水を飲んでしまっている場合、意識があれば水を吐かせましょう。うつぶせになるように抱いて、背中を手の付け根あたりでたたきます。お腹を押さえるのも効果があります。

溺水の予防法

おぼれないようにするには、どうするか。水辺で遊ぶ時に目を離さない。これは基本です。親の言うことがわかる年齢になれば、深そうな場所に行ってはいけない、波に十分注意、等を良く言って聞かせることも大切です。また自分自身も、子供が溺れている現場に立ち会うと動揺してしまうでしょう。「落ち着きましょう」といっても難しいことかもしれませんが、いざというときのためにも、今回の記事をぜひ心の隅にでも留めておいてください。

以上のことに気をつけ、まもなく始まる夏に向けて対策を立てておきましょう。

*ネット上での診断・相談は診察ができないことから行えません。この記事は実際の診察室での会話をもとに構成したものです。診断・相談が必要な方、お子様が病気にかかった場合は医院、病院で実際に受診してください。

今回の記事は、以下のリンクを参考にしました。

おぼれた(お子さま119番)お子さま119番>事故やけが>おぼれた

夏休みSOS! 海・プールの事故とケガ(Dr.赤ひげ.com)Dr.赤ひげ.com>家族の健康>子供の健康>夏休みSOS! 海・プールの事故とケガ

水の事故(日本赤十字社)


>> 夏に多いその他の病気と対処法はこちらから
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項