ベストヒットUSAなくして大学での話題なし

当時はJ-POPよりもベストヒットUSA
当時はJ-POPよりもベストヒットUSA
オールアバウト世代の人たちなら、学生御用達番組ベストヒットUSAで80年代ロックのプロモーションビデオを、まるでシャワーのように浴びていたはずです。

ベストヒットUSAと聞いただけで、チャウチャチャツ、チャウチャチャラチャチャチャラチャ、チャウチャチャツ、チャウチャチャラチャラッチャー....という軽快なギターリフ(ヴェイパー・トレイルズのサーフサイド・フリーウェイ)に合わせて、ロックの名盤がバタバタ倒れていく「あのオープニング」が目に浮かんだ人も多いでしょう。

また、スネークマンショーの爆笑トークでもおなじみだった名DJ小林克也さんの軽快なトークと、憧れのミュージシャン相手に物怖じしない英語でのインタビューを思い出す人もいるでしょう。

今、わがiTunesを見たら7443曲ほどあったのですが、世代的に....かなりの曲がベストヒットUSA的曲。まさに私にとっても大恩人的番組なのです。

BS朝日でベストヒットUSA2007が大人気

このロゴを見て目が遠くなる
このロゴを見て目が遠くなる
しかし、この大人気番組の進化系、"ベストヒットUSA 2007"がBS朝日で大人気放映中なのを知っている人は、まだ少ないかもしれません。

しかし、コーナー名を見れば、ほっと安心するでしょう。話題のアーティストを取り上げる「ホットメニュー」、最新チャートを紹介する 「カウントダウンUSA」、元祖、"今日は何の日" 洋楽版の 「タイムマシーン」、大物ゲストが登場する 「スター・オブ・ザ・ウィーク」....そう往年の名コーナーがそのままのネーミングで復活しているのです。

しかも毎回のゲストも魅力的!!ともすれば、25歳から洋楽キャッチアップが止まっているベストヒットUSA世代には、新発見の宝庫です!!予告編も泣かせます!!

そして....この番組デビューにぴったりの生スペシャル番組=リクエスト特集が、12/31大晦日の年越しに6時間たっぷり放送されるのです!!

 >>>ベストヒットUSA特製のTシャツをGETしよう!!