知る人ぞ知る世界のトップスイマーたち

パラリンピックでも水泳日本代表は強かった!
パラリンピックでも水泳日本代表は強かった!
世界新記録保持者である成田真由美さんや、山内美津希さんをはじめとして、パラリンピック水泳日本代表チームの活躍に、心打たれた方も多いでしょう。もう一つのアテネ大会は、注目度こそ高くないかもしれませんが、選手たちの心意気や生き様に勇気付けられるという点では、オリンピックを凌ぐかもしれません。
心から選手たちを応援したい、それもTシャツで応援したいと思い、ネットで探し歩きました。そして素晴らしいTシャツを見つけたのです!そして、即座に購入したのです!

生田先生の講義「百人の自分に勝つ!」

選手たちが、自らを戒めるために決めたスローガン
選手たちが、自らを戒めるために決めたスローガン
このスローガンは、日本水泳連盟医科学委員の生田泰志先生が「アテネまでの練習の留意点」でという講義に感銘を受けた代表選手たちが、自ら決めたものだそうです。「オリンピックの代表は日本水泳連盟登録会員94000人の中から、20人です。あなた方は何人から選ばれていますか?」と、先生は選手たちに問いかけました。
河合主将はじめ選手たちは、考えたそうです。

「そうだ、オリンピックと同じように評価されるには、自分自身と同じ障害をもって、記録も同じくらいの選手100人がいると考えなければ甘えることになる」
「その100人に勝ってこそ、パラリンピック日本代表に選ばれたと胸をはれるのだ!]
「100人の自分に勝ってこそ、真のアスリートではないか」

シドニー大会出場選手 宮本圭さんデザイン

Overcoming 100 swimmers within myself
Overcoming 100 swimmers within myself
このTシャツのデザインをしたのは、design pollution (デザイン汚染)の宮本圭さんです。宮本さんは、生まれついた時から両腕がない「先天性両上腕欠損」で、3歳から水泳をはじめ、シドニーパラリンピックにも出場されました。おなじ頃に新しいラップトップを買い、ポストカードやステッカーをつくりはじめ、2003年には、ホームページをオープンされています。
この水泳日本代表応援グッズ(Tシャツとキャップ)は、8月15日に大阪府のなみはやドームで開催されたジャパン・パラリンピックでも販売され、各商品ほぼ売り切れとなった人気商品です。
さらに、現在も、宮本さんのdesign pollutionサイトでも 3,000円で追加販売中です。(TシャツM.Lサイズは売り切れ、SとXLは在庫あり。)
もちろん、この収益金や、アテネ・パラリンピック日本代表のために使われます。

合わせてキャップも買ってチャレンジしたい

誰もが「自分の中の百人に勝つ!」
誰もが「自分の中の百人に勝つ!」
このTシャツと同じメッセージがプリントされた、スイムキャップも秀逸です。パラリンピックで全力を尽くす選手たちにエールを送りながら、自分のためにも、このTシャツとキャップを身につけたいのです。
エアコンとパソコンに囲まれ、飽食・運動不足・ストレスまみれ三点セットのゲンダイジンの多くは、体と心が半ば不自由な状態にありましょう。今、一度、プールで、フィットネスクラブで、本来の身心を取り戻そうという人に、ぜひお薦めしたいキャップ....そしてTシャツです。
かつて健康だったころの自分、ふと自分を甘やかしそうになる自分....百人の自分に打ち勝つために、選手たちの意気込みを、宮本さんのメッセージを、身にまとうのです。


 ▼日本身体障害者水泳連盟「百人の自分に勝つ!」
  http://www.page.sannet.ne.jp/jsfd/2004818.pdf

 ▼デザイン汚染「百人の自分に勝つ!」Tシャツ
  http://www.design-pollution.com/athens2004.html



Tシャツを楽しむメールマガジン(半角)
※携帯電話のメールアドレスでは登録できません
 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。