ビジネスの場で最もよく使うペンと言えば、やはりボールペンだろう。会議や商談、契約書の際などビジネスでは欠かすことのできないアイテム。そんな普段からよく使うペンだからこそ、人と違ったこだわったものを出来れば持ちたいもの。

そこで、今回は「こだわりボールペン ランキング」というテーマで、デザイン、素材、機構、書き心地など、他とは違う際だった特徴を持ったボールペンを5本選んでみた。


第五位:クラフトマンが一本一本手彫りしたペン
ヴァルドマン ヴィエナ

ヴァルドマン ヴィエナ ボールペン
ヴァルドマン ヴィエナ ボールペン4万2000円
今年で90周年を迎えるドイツの隠れた老舗ペンブランド「ヴァルドマン」。たくさんのペンブランドがある中で、ヴァルドマンならではの特徴は、ボディにスターリングシルバーを使っていることだ。スターリングシルバーと言えば、暖かみのある銀色をイメージしてしまうところだが、今回、選んだヴィエナというモデルは、その銀色を覆い隠すようにブラックで塗り固められている。

ヴァルドマン ヴィエナ ボールペン
ドイツのクラフトマンの手で、ひとつひとつ手作業で彫られている
ブラックとは言え、これもれっきとしたスターリングシルバー製。そのスターリングシルバーが、彫刻によって露わになるというモデルだ。

一般的なスターリングシルバーとはまた違う趣が味わえる一本。この彫刻は、ドイツでも屈指の彫刻の町、フォルツハイムで3代続く彫金職人の手によって一本一本作られたものだ。昔は数多くいたこうした彫金職人も、今ではすっかりその数も減ってしまったという。

ヴァルドマン ヴィエナ ボールペン
線に見えるところは、実は小さな彫りをつなげてラインに見せている。一本を仕上げるのに、気が遠くなるほどの手間がかけられている
見た目だけでなく、手にした時に、ひとつひとつの彫りが指先にフィットしてとても書きやすい。ドイツのクラフトマンシップを書くたび味わえる一本。

ヴァルドマン ヴィエナ ボールペンヴァルドマン ヴィエナ ボールペン
ペン先に至るまでしっかりと彫り込まれている
ひとつひとつの彫りが心地よいグリップを生む


【関連リンク】
ヴァルドマン オフィシャルサイト


次のページでは、「第四位」をご紹介。