日常使いにぴったりな、スポルベリーノ


Vesta ヴェスタが提案する「スポルベリーノ」はドライブ用の特殊なダスターコートではなく、時代に合わせてモダナイズされたコートです。基本的な形はチェスターフィールドコートと、ステンカラーコートの2タイプ(※前ページに掲載)が用意されています。

Spolverino
肩パッドなしのチェスターフィールドコートタイプ。補正前のゲージ(サンプル)を着用しているため、少し肩が落ち気味ですかね。オーダーする場合は、もう少し内側(首側)に肩位置を寄せると思います。肩パッドなしでも、厚みのある生地なら表情も異なるでしょうね。

ビジネスマンならスーツの上から羽織ってもOKだし、休日にタートルネックの上から着用しても映える、日常使いに最適な軽いコートなんです。

作りは肩パッドを入れないアンコン仕立てですが、形がクラシックなのでスーツの上に合わせても意外にしっくりときます。お客さんによってはカラークロスや背バンド部分にレザーをさりげなく付けられる方もいるとか。

Spolverino
プリーツやカラークロスに柄物の生地を使用しています。前傾姿勢になったときにプリーツが開くので、ちょっとしたアクセントになりますね。この部分をレザー仕様にすることもできます。

また、動きやすいように、背中の中心にインバーテッドプリーツを入れたり、袖の後ろ側にアクションプリーツ入れたりすることもできます。これらのプリーツ部分をレザーや違う柄にするとけっこうお洒落だったりします。

Spolverino
ステンカラーコートタイプの襟にタブを付けることもできます。もちろん防風仕様なんですが、鮮やかな色のレザーを使うことでオシャレに見えます。

また、首もとに風が入らないようにチンストラップやタブ仕様にすることも可能。新作のステンカラーコートでもタブを取り付けたタイプを提案しています。使用しないとき写真のように折りたためるので、見た目にもスマートですね。

Spolverino
ステンカラーコートタイプはセットインスリーブになっています。こちらは肩パッド入りですが、肩パッドなしもオーダー可能です。たとえばサマーウールでオーダーしたら、春いっぱいまで着用できそうですね。それにしてもイエローのレザーが効果的!

一般的にステンカラーコートは袖がラグランスリーブになっていますが、このコートはセットインスリーブ仕様なので、スタイリッシュな雰囲気が漂っています。選ぶ生地にもよりますが、3シーズン通して、スーツの上から気軽に羽織ることもできます。

次のページは、「オーダー用の生地も充実!」です