キーパーズツイードって何?


ツイードと言えばハリスツイードやチェビオットツイード、シェットランドツイードなどが日本では有名だが、今回紹介するキーパーズツイード(Keepers Tweed)は、よほどのイギリス服好きでないと知らないツイードである。

1960年代当時のタグ
1960年代製のキーパーズジャケットのタグ。当時はウール86%とコットン14%の混紡だった。いつからウール100%になったかは不明。問OLD HAT

キーパーズツイードというのは、その昔、イギリスの貴族や領主に雇われ狩領地の番をする「ゲームキーパー」と呼ばれる人たちのためだけに考案された、目の詰まった厚地のツイードのことだ。おもにハッキングジャケットに使われている。

イギリスのビンテージクロージングを取り扱う原宿のOLD HATに話を伺ったところ、イギリス本国でもこのツイードを使ったジャケットはあまり市場に出ることがなく、たとえ見つかったとしても他のツイードジャケットより高めの価格設定にしているそうだ。

ゲームキーパーは乗馬あるいは犬を連れて徒歩で狩領地を見回るのが仕事なので、林の中に入ることもあり、木々の枝で身体を傷つけることだってある。彼らの安全を確保するために、密度の高いキーパーズツイードは欠かせなかったのだろう。つまりアウトドア用の服地だったのだ。

1960年代のキーパーズツイードのジャケット
1960年代のキーパーズツイードのハッキングジャケット。ベントはセンターベント仕様。型価格6万3000円(税込)。サイズ40。問OLD HAT

偶然にもOLDHATに1960年代のキーパーズツイードのジャケットが入荷していた。面白いのはウール86%とコットン14%の混紡だったこと。店主によるとコットンを混ぜている他のツイードは見たことがなく、キーパーズツイードだけだそうだ。おそらく生地を高密度にするのが目的だったのだろう。

ちなみに現在生産されているキーパーズツイードの服地はウール100%である。

●1960年代製のキーパーズツイードのジャケット(レディメイド)
現在2着あり、ともにサイズは40。価格各6万3000円(税込)

商品のお問い合わせ先
OLD HAT
東京都渋谷区神宮前 6-28-5
宮崎ビルB棟3階
TEL&FAX 03-3498-2956
営業時間 12時~20時
年中無休
http://www.oldhat-jpn.com/

次のページは、「遂にキーパーズツイードの服地が入荷!」です