三軒茶屋にあるセプティズ(SEPTIS)は、アメリカやヨーロッパのカジュアルブランドを取り扱うお店。ず~っと行きたいと思っていて、先日やっと行ってきました。

今回の取材はアイテム数が多いのでシャツ編チノパン編小物編(靴、ベルト、ハンカチ)にそれぞれ分けて紹介しますね。

まずは春先に着たくなるシャツ編です。セプティズはアメリカブランドのシャツが多くて、巷で人気のギッドマンアイクベーハー、クリーブなどもちゃんと取り扱っています。ただ今回はあえて違うブランドを紹介します。

■おすすめのシャツ編

ギャンバート カスタム シャツ


SEPTIS
キャンバートのリバティープリントのシャツ。価格25,200円。

1933年にアメリカ・ニュージャージー州で創業した老舗のシャツメーカーで、現在でも多くの工程を手作業で行うなど、高い技術力を誇っています。

こちらはコットンの長袖ボタンダウンシャツですが、なんと全面がリバティープリントになっています。さらによ~く見ると剣ボロのボタンホールが横切りになっていて、これはワークシャツに見られるディテールのひとつ。

SEPTIS
袖口もすべて美しい花柄プリント。画像では見えませんが、袖口の剣ボロのボタンホールが横切り仕様になっています。

なかには「えっ、花柄!」と抵抗のある方もいらっしゃるでしょう。でも由緒ある英国のリバティープリントですし、何よりもボタンダウンカラーなのでコーディネートしやすいです。

価格25,200円

次のページは、「バギー」です