ザ・ロンドン・カット展


ザ・ロンドン・カット展
アンダーソン&シェパードのジャケット。服地はたしかハリソンズ・オブ・エジンバラのムーンビームです。

ザ・ロンドン・カット展」に行ってきました。知っている人は知っていると思いますが、この展示会は英国ロンドンのサヴィル・ロウのビスポークテーラーが集まって、過去から現在までのテーラーリングを紹介する、まさにアーカイブコレクション。

これまでイタリアのフィレンツェ、フランスのパリで開催され、3番目の都市として東京が選ばれたのだ。

日英修好通商条約締結150周年を記念する「UK-JAPAN2008」の公認イベントとして先日、駐日英国大使館公邸でプレス向け内覧会が開催された。

ザ・ロンドン・カット展
日本でもお馴染みのギーブス&ホークスのブレザー。アメリカントラッドにはない見事なウエストのシェイプです。

展示された素晴らしい作品は、イベントのキュレーターを務めるジェームズ・シャーウッド氏が厳選したものだ。

また、英国にオーストラリアのメリノウールが輸出されて200周年を迎えたことを記念して、オーストラリアン・ウール・イノベーション(AWI)が協賛している。

ロンドン カット イセタンへ行こう


ザ・ロンドン・カット展
チャーチルが着ていたヘンリープールのチョークストライプスーツ。チャーチルは大柄だったので、このスーツは後ろ側でつまんでいます。こういうフランネルのスーツはいつ見ても新鮮ですね。

一般には伊勢丹新宿店本館7F 特設会場で「UK-JAPAN2008」の一環として3月19日~25日まで「ロンドン カット イセタン」として開催される。まだ間にあうから覗いてみてくださいね。

いちおうSavile Row Bespoke Membersを紹介しておくと、
アンダーソン&シェパード、デイヴィス&サン、デッジ&スキナー、ギーブス&ホークス、ヘンリープール、ハンツマン、ノートン&サンズ、オズワルド ボーテング、リチャード アンダーソン、リチャード ジェームズ。もしかしたら他にもメンバーがいるかも。

次のページは、「日本のテーラーもしっかり見てました」です