コンブリオのグリーンレーベル


コンブリオのタグ
コンブリオ・グリーンレーベルのネームタグ。写真では黒に見えるが実際は緑色である。また東京の工房で製作されたことを証明するMADE IN TOKYOのタグもついている。
スキャッティ・オークのトップグレードラインである『コンブリオ』のシャツを紹介したい。現在『コンブリオ』は生産枚数が極めて少ない『コンブリオ パープルレーベル 』と、比較的購入しやすい『コンブリオ グリーンレーベル 』がある。前者はより手間のかかるセットインスリーブ仕様で、東京の下町にある工房で、熟練した職人によって縫製されている。今回紹介するのはグリーンレーベルの秋冬の新作だ。こちらも東京の工房で作っているため、“MADE IN TOKYO ”のタグがつく。モデルによってはこのタグがつかないシャツもある。


ジャカード織りの新作シャツ
コンブリオ・グリーンレーベルの新作。100番双糸のジャカード・クロスを用いており、独特の織り柄が美しい。白ではなくアイボリー色。参考価格1万6000円。
新作のシャツは白ベースのジャカード・クロスドビー・クロス だ。ともに織りによる柄が特徴で、繊細な雰囲気が漂っている。これはあまり知られていないことだが、スキャッティ・オークは1978年の創業以来、オリジナル生地を織り続けてきた。型紙や縫製も大切だが、納得のいく生地を作りたいという熱い思いからスタートしている。いまから思うと、先見の明があったといえるだろう。

なかでも『コンブリオ』の生地は双糸以外使わない最上質のシャツ地で、80番双糸~140番双糸という細番手がメイン。とうぜんクオリティにこだわる一方、今回のような凝った生地も織ることができる。まさにオリジナルの強みだ。


こだわりのディテールを徹底チェック!


袖のギャザー
袖口はプリーツではなく、よりクラシックなギャザー仕様である。機能性でいえばどちらも同じだろうが、ギャザーのほうが手間はかかる。
本当のシャツ好きが納得してしまうほど、ディテールにもこだわっている。まず袖口を見ると、プリーツではなくギャザーを採用している。とうぜんプリーツより時間がかかる仕上げである。どこか1980年代に流行ったニューロマンティックな雰囲気が漂っていていい感じだ。


次のページは、「こだわりのディテールを徹底チェック」します