ストール
もっとも簡単で間違いのないのは、この一重巻きです。 photo.石井幸久

 昔のスーツにストールの定石は、ラペルの内側に和装の半襟のように挿しこんだり、首から長く垂らす何年か前の中田ヒデ風の巻き方ばかりでした。
 最近の主流はネクタイ風に胸元で一重に結んだり、二重巻きにしてから片端を首元のループに通すなど、ちょっとボリュームのある巻き方です。

 マフラーの春夏版と考えてもいいでしょう。何年か前にディオール・オムのコレクションで、ストールのように細いマフラーを首元に巻きつけたスタイルが登場してから、メンズの春夏ストールが定着したように思います。

ノータイの襟元にスカーフやアスコットタイという選択肢もありますが、最近はちょっとお見かけしないですね。トレンド感はちょっと薄いかな。クラシックの「センツァクラバッタ(ノータイスタイル)」とモードの融合的でもあり、トレンドキーワード的にオリエンタルなムードも加味することで、新鮮かつお洒落感度の高いスタイルになっています。

巻き方は以下をご参照ください。


ストールの巻き方

ストールの巻き方
 photo.石井幸久
首に掛けたマフラーは下に通す側を長めにとります。ネクタイでいえば、こちらが大剣というわけです。巻き加減の長さの差は、ストールの長さによって調整してください。

ストールの巻き方
 photo.石井幸久
長いほうの端を前に回します。下に垂らした端に巻きつけるようにするわけですね。ここできっちり巻きつけると結びがふんわりしないので注意してください。

ストールの巻き方
 photo.石井幸久
巻きつけた長いほうの端を、首元のループに下から上に通す抜きます。このまま垂らしておけばいいのですが、ここでネクタイのノットの要領で結び下げてもOKです。ただし、小さく硬く結んではいけません、あくまでふんわりとさせておくのが今風ストールのお約束と心得て。



【お問合せ先】
エディフィス渋谷 tel.03-3400-2932

【関連リンク】
エディフィス

【最近の記事】
仕事帰りにネクタイを着替える効能
マンガでスーツを愉しんでみませんか

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。