銀座にダンヒルの新旗艦店がオープン

ダンヒル
銀座・中央通り沿いに構えるダンディズムの象徴
アルマーニ、ブルガリと、この秋ラグジュアリーブランドの銀座進出が話題となりましたが、また新たなラグジュアリーショップが銀座にオープンしました。

今年12月1日、銀座中央通沿いにオープンしたアルフレッド ダンヒル 銀座本店。未来へ向けたアルフレッド ダンヒルの新構想である"HOME"をコンセプトに則った新店です。創業者であるアルフレッド・ダンヒル氏がもし現代に生きていたら、こんな家に住んでいるのではないだろうか、という想定のもとに設計されているそう。

ファサードと内装を手がけたのは、松井龍哉さん。ロボットデザイナー(宇多田ヒカルさんのPVに登場するロボットPINOの開発にも携わっています)として有名ですが、昨年グッドデザイン賞を受賞した航空会社、スターフライヤーのトータルプロデュースに関わったことでも知られています。この人、建築デザインもされるんですね。

ダンヒル
左/1階のカジュアルフロア 右/エントランスをくぐると、上階への階段と奥に広がるカジュアルフロアが見えます
1階はダンヒルの最新のコレクションが並ぶカジュアルフロア。ウェアはもちろん、鞄などのレザーグッズ、服飾小物。銀座本店限定やオープン記念のアイテムも展開しています。

さらに、ここではロンドンのアンティークショップ「ベントレーズ」と「オールド ハット」のセレクションが取り扱われています。ヴィンテージの旅行鞄や革小物、ウェアや「ダンヒル モートリティーズ」時代の貴重な品々も男心をくすぐる逸品ばかり。ミュージアム的なショップとしても愉しめる空間は、まるで「子供の心を持つ大人の男のおもちゃ箱」といったところでしょうか。

2階はクロージングサロン、そして……

ダンヒル
2階のビスポークラウンジ
2階はスーツのフロアです。ビスポークテーラリングやカスタムオーダーのためのサロンもあります。

ビスポーク(フルオーダー)は、本国からカッターが来日して採寸を行います。こちらはシャツのフルオーダーも可能となりました。カスタム・オーダー(パターンオーダー)では従来のスーツやシャツ、レザーグッズに加え、銀座本店だけのサービスとしてソックスのオーダーが可能です。このサービス、ほかではあまり見ないだけにぜひ利用してみたいですね。

さて、このアルフレッド ダンヒル 銀座本店が単なるショップではなく、ダンヒルの新たな"HOME"構想の基幹となっている、大きな秘密があります。


次のページでは、その秘密をご紹介します。