カジュアルなスタイルのワードローブに欠かせないのがジーンズ。だからこそ、大人の男に相応しい質実剛健な本物を選びたいものです。ということで今回は、桃太郎ジーンズをピックアップします。

ところで、“ジーンズ”の聖地が“岡山”なのはご存じですか? 日本のジーンズ発祥の地である倉敷市児島には、伝統の技にこだわり、手を藍で染めながら、デニムのブルーを追求している職人がいるのです。さらには、原綿や糸でも探求を重ね、織物の限界に挑戦し、超ローテクの作業で最高峰のデニムを作り続けている職人もいます。その結果、織り、縫い、洗い、加工などにおいても、世界中から品質の高さが認められているのです。

生涯付き合えるデニムブランド

MOMOTARO JEANS
桃太郎が描かれたタグからして、職人魂を感じられます Photo:石井幸久

“岡山”と言えば“桃太郎”も有名です。それを踏まえれば、桃太郎ジーンズというブランド名も、腑に落ちるのではないでしょうか。正統を貫くブランドのコンセプトも何となく想像できるはずです。

桃太郎ジーンズは「ジーンズはライフスタイルを創造する為の道具」と考えています。良質な道具選びを心掛けることが、自身の励みになり、自ずと幸運を呼び寄せるくれるかもしれません。単にファッション(=流行)を提供するのではなく、ジーンズという道具を通じて、人生や生活、心や気持ちがより豊かになるように、末永く愛することのできるリアルクロージングを提案しているのです。
 MOMOTARO JEANS
昔ながらの製法で生み出される珠玉のデニム地には、追求し続けてきたからこその品質が宿っています
コンセプトを具現化するため、桃太郎ジーンズでは職人が一から藍の原料となる植物を育て、時間惜しまず糸を染めていきます。そして、日本ならではの青に染まった糸を、2112本の縦糸に、一本づつ横糸を通しながら生地を織っていきます。その際、鶴の工房と呼ばれる手織り機や、手織りに近い風合いを生み出せる旧式力織機を使用しています。出来上がった生地からジーンズに仕立てるまでには15工程。各工程ごとに専用ミシンを使ってジーンズを作り上げます。

手間暇掛けて作りあげたジーンズは、どれも傑作です。今回はそんな作品の中でも、定番的な人気を誇るアイテムをセレクト。

次のページから、コレクション別に紹介します。