日差しも幾分強く感じられ、春の強風も珍しくなくなってきた今日この頃。普段は使わないという人にとっても、サングラスを掛けるきっかけにもってこいの時期になってきました。イメージチェンジにも一役買ってくれますので、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、すでにサングラスを活用している人は、春ということでいつもの一本からモデルチェンジもしやすいはず。ということで、今おすすめのサングラスを紹介したいと思います。

今回選んだのは、季節を問わず使える信頼できるブランドばかり。トレンドを踏まえたとしても、長く愛用することもできるはずです。甲乙つけ難い逸品ばかりですが、カウントダウン形式で見ていきましょう。

第5位:知的でクラシックなフレーム


Oliver Goldsmith
7万8,750円(オリバー ゴールドスミス/ブリンク TEL:03-5775-7525) Photo:YUKIHISA ISHII

いわゆるサングラスのイメージを払拭し、クラシカルなオプティカルフレームに色付きのレンズを入れたアイウエアで、知的に魅せようという提案です。今回選んだブランドはOliver Goldsmith(オリバー ゴールドスミス)。1960~70年代に一世を風靡した伝説のブランドで、オードリー・ヘプバーンやグレース・ケリー、マイケル・ケインやピーター・セラーズなどが愛したことでも知られています。セレブを魅了したそのエレガンスが時を超え、現代に蘇ったのです。名優達に好まれたデザインの美しさは今も尚色褪せていません。

しかも写真の一本は、イギリス本国にたったひとりしか残っていない職人によるオートクチュールライン。手作りによる品格が漂っています。クラシックなべっ甲フレームでボリューム感があり、立体的なテンプルなどに個性が宿っています。レンズが小ぶりなので、知性も感じさせてくれるのです。

Oliver Goldsmith(オリバー ゴールドスミス)には、日本で生産されているレディメイドラインもありますので、今後もいっそう注目を集めそうです。

第4位:爽やかなブルーのサングラス


CUTLER AND GROSS
3万9,900円(カトラー&グロス/オプティカルテーラークレイドル TEL:03-6418-0577) Photo:YUKIHISA ISHII

ワイルドなサングラスも、青いセルフレームを選ぶだけでかなり新鮮な印象になります。また、大きなレンズを選んでも、トゥーマッチには映りません。しかも今回セレクトしたのはレンズまでブルーで統一されたサングラス。セルも透明感があるので、清々しいムードがいっそう高まっています。また、太めのブリッジやテンプルは力強く、ハンドメイドによる上質感も感じ取れます。

ブランドは、1969年にスタートしたCUTLER AND GROSS(カトラー&グロス)。時代を超える普遍的魅力と、クリエイティブなデザインを兼ね備えているのが特徴です。クラシックなデザインを基本にしながらもモード感あふれるコレクションの提案が、ファッションや映画、音楽関係者にもファンが多い理由となっています。

次のページでは、第3位と第2位を紹介します。