英国の伝統的なアウターを再解釈したニューブランドとして、2007年秋冬シーズンより本格デビューしたトラディショナル ウェザーウェア。その詳細を紹介する前に、今回のプロデュースを手掛けているマッキントッシュ社に関して詳しく説明したいと思います。

クラシックかつコンテンポラリーなアウター

Traditional Weatherwear
シンプルなデザインですが、シルエットは細身にモダナイズ。上品な光沢のある素材感は今季のトレンドともリンクしています。ボタンが大きいので、グローブを着けたままでも着脱がしやすく、キルティングライナーも付いています。ナイロンステンカラーコート「SELBY」。2万9400円/トラディショナル ウェザーウェア(八木通商 TEL:03-3589-0260)

マッキントッシュの起源はマッキントッシュクロスの発明に遡ることができます。1822年にチャールズ・マッキントッシュによって発明されたその防水布の登場は、全英中に衝撃を与えました。

当然、その生地を使用した「ゴム引きコート」も人気を博しました。実用性の高さから英国の上流階級では乗馬用コートとして使われるようになり、英国陸軍や英国国有鉄道でも採用されるなど、マッキントッシュの人気は瞬く間にヨーロッパ全土を席巻し、英国を代表するアウターウェアブランドとしての地位を確立したのです。

職人による手の込んだ工程は今でも踏襲され、限られた数しか生産することができません。だからこそ生まれるマッキントッシュ独特の匂い、風合い、素材感、クオリティは、本物を欲する世界中の人々から愛されています。実は、そんなマッキントッシュ社の前身の社名がトラディショナル ウェザーウェアなのです。


次のページでは、トラディショナル ウェザーウェアの今季おすすめアウターを紹介します。