さりげなく適度な処理が鉄則

毛深い腕
目に付きやすい腕のムダ毛、黒々とした長い毛には要注意
男性にとってムダ毛処理と言えば、顔の髭剃りと同様にカミソリで”剃る”ということを第一に考えるかもしれませんが、脚や腕など部位によっては完全にNG! ツルツルの状態は不自然ですし、かえって気持ち悪いと思われかねません。あくまでも、程良いさりげなさが大切。

また、毛深いと言っても実は毛の量そのものが多いというわけではなく、毛が長く太いことで”黒々と見えてしまう”ことがほとんど。しかし、自分ではさみを使ってカットしたり、毛抜きで1本1本抜くという作業は非現実的、やり方によっては毛穴や周辺の皮膚にダメージを与えてしまうので注意が必要です。


初心者にはブリーチがおすすめ

すね毛も見逃さず
女性に「ストッキングを穿いているみたい」などと言われないように!
そこで、脚や腕など比較的密度の濃い部分におすすめなのが、ブリーチ(脱色)。ブリーチすると毛が肌の色に近づいてきますので、見た目に目立たなくなります。しかも仕上がりが自然。便利な家庭用の脱色クリームなども売られているので、特にテクニックなどを必要とせず誰でも簡単にケアできます。

次に、手の甲、手足の指の関節など毛量が少ない部分には除毛クリームを使うのも効果的。クリームを塗った部分のムダ毛を簡単に一掃できます。ただし皮膚の弱い人は肌に多少刺激を感じる場合があるので、説明書をきちんと読んでから正しい用法を守るようにしてください。

ヴィートむだ毛脱色クリーム、除毛クリーム
左/「ヴィートむだ毛脱色クリーム」。右/「ヴィート除毛クリーム」。短時間で簡単にムダ毛ケアを実践できる肌にも優しいアイテム(商品はすべてヴィート


次のページでは、まだまだあるムダ毛処理法を紹介します。