肌にやさしいボディソープを選ぶ

まず最初に、ボディソープはきちんと自分の肌に合ったものを選ぶこと。男性は、顔はオイリーでもカラダは反対に乾燥しがちという混合肌の方がほとんどですので、洗浄成分や刺激が強すぎるものは避けるべきです。低刺激性の薬用ボディソープや保湿成分が含まれたものを選ぶようにして下さい。毎日使うボディソープから肌のケアをスタートしましょう。以下はガイドおすすめのラインナップです。
ボディソープ
左/ダヴ 「ボディウォッシュ アクアモイスチャー 550ml」うるおい成分ときめ細かい泡で肌のうるおいをきちんと守りながら、清浄成分"グリーンティーエキス"配合。中/THE BODY SHOP 「インヴィゴレーティング ボディウォッシュ TT&LM」余分な皮脂や古い角質をさっぱりと洗い流し、レモンオイル配合の爽やかな香り。右/CLARINS MEN 「トータル シャンプー」全身洗浄できるジェル状の2-in-1シャンプー。pHバランスを整えて、肌と頭皮をしなやかに洗い上げる


熱いお湯は命取り

熱いシャワー
乾燥しがちな男の肌に熱いお湯は要注意
熱いお湯は皮脂を溶かし、皮膚の水分バランスを崩してしまうため肌に良くありません。シャワーや湯船のお湯は熱すぎることがないように気をつけてください。

カラダを洗う前にぬるめのお湯にゆっくり浸かるようにすると、毛穴が十分に開き汚れが落ちやすくなります。その状態でボディソープをたっぷり泡立てれば、手のひらでなでるだけでもしっかり汚れが落とせます。


入浴後はしっかり潤い補給

保湿ローションを
入浴後は素早くお気に入りの保湿ローションで肌を整える
入浴後の素肌はとても敏感な状態ですので、そのまま放っておくとすぐに乾燥してカサカサになってしまいます。せっかくやさしく洗い上げた肌もそれでは台無し。バスタオルで体を拭いたらすかさず保湿ローションで潤いをたっぷり補給しましょう。

ローションを使えば、肌の表面に保湿膜を作り大切な水分を逃しません。ローションを選ぶポイントはズバリ、実際に使ってみて自分の肌に一番合ったものを探すこと。つけてみて違和感を感じるものはやはり避けたほうが良いでしょう。毎日使うものだから、こだわりをもって長く付き合えるものを見つけて下さい。参考にガイドおすすめのローションを紹介します。
スージング ボディローション ALボディミルキィローション
THE BODY SHOP「スージング ボディローション AL」肌のコンディションを整えるボディローション。アロエベラジェルが、なめらかな肌に導くORBIS 「ボディミルキィローション」高い保湿効果のあるヒマワリ種子エキスやキイチゴ果汁、ヒアルロン酸内包パウダーを配合

以上のポイントを抑えれば、毎日のバスタイムがより有意義なものへと変わります。肌トラブルを寄せつけなくなるだけでなく、ダメージ肌の方も徐々に本来の健康な肌にリカバリーされてくるはずです。

【関連リンク】
  • クラランスメン
  • THE BODY SHOP
  • ORBIS
  • バスタイムグッズ


  • 【関連記事】
  • 美肌にもボディにも活かせるバスタイム効果

  • 体を目覚めさせるアロマバスタイム術


  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。