アルパイン

iPod対応のヘッドユニットが充実

アルパインの07春ニューモデルは、CDヘッドユニットがCDA-9885Ji(34,860円)、CDE-9881Ji(24,990円)、CDE-9871Ji(17,850円)、CDE-9870J(14,910円)の4モデル、トップビューカメラがHCE-C200F(41,790円)とHCE-C200R(36,540円)の2モデル、カーナビ用スピーカーKAX-552N(11,550円)というラインアップ。CDヘッドユニットはすべて1DINサイズで全モデル、iPodのダイレクト接続に対応している。

01.jpg
CDA-9885Jiは曲名/アーティスト名などの日本語表示に対応する

02.jpg
CDE-9881Jiはイルミネーションを3パターンに切り替え可能
CDA-9885JiとCDE-9881Jiの違いはディスプレイへのアルバムタイトル、曲名、アーティスト名等の表示が、日本語に対応しているか否か。CDA-9885Jiのみが日本語表示に対応しており、それ以外のモデルはアルファベット表示となる。また内蔵アンプの出力はCDA-9885Jiのみ最大50W×4。ほかは最大45W×4の出力だ。

03.jpg
CDE-9871JiはiPodのダイレクト接続ケーブルを付属
全モデル、CD-R/RWに記録した圧縮音源の再生ができるが、対応するファイル形式はCDA-9885JiとCDE-9881JiがMP3/WMA/AACの3形式で、CDE-9871JiとCDE-9870JはMP3のみ。またCDA-9885JiとCDE-9881Ji、CDE-9871Jiの3モデルはiPodダイレクト接続ケーブルを付属しているが、CDE-9870Jはケーブルが別売りとなる。ほかには、CDA-9885JiとCDE-9881Jiの2機種が、イルミネーションをブルー/レッド/グリーンの3色に切り替えできる。

広範囲を見渡す新型カメラにも注目

04.jpg
フロント用のHCE-C200Fには拡張ボックスを同梱
トップビューカメラは、通常のバックアイカメラのようだが、正面、下方、左右両サイドの映像をひとつのカメラで映し出すことができる。そのためミニバンやワゴンなど、車両周辺に死角の多いクルマには大いに有効だ。パノラマビュー(前方視界)、コーナービュー(左右両サイド)、トップビュー(上から見下ろしたような視界)の3パターンの映像は切り替え式。カメラ部は幅23.4?×高さ23.4?×奥行き21.3?のコンパクトサイズで、フロント用のHCE-C200F(41,790円)とリア用のHCE-C200R(36,540円)の2タイプを用意する。両方の併用も可能だ。

*上記トップビューカメラは発売が秋に延期になりました。

05.jpg
ビークルハブプロ使用時などに必要になる
カーナビゲーション用スピーカーのKAX-552N(11,550円)はスーパー時短ナビのHD55Sとビークルハブプロの接続時などに音声案内を行うために必要なスピーカーだ。

次ページはカロッツェリアの新製品