Fセグメントクラスのサイズ


2007年4月4日ニューヨークインターナショナルオートショーで、ヒュンダイはコンセプト ジェネシスを発表した。そのサイズは5005×1863×1490mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2935mm。ライバル車達より、やや全長、ホイールベースが短いものの、レクサスLS、メルセデスベンツSクラス、BMW7シリーズなどのFセグメントに、ヒュンダイが初めて本格的に進出するプレミアムカーと言っていいだろう。

ニューヨークインターナショナルオートショーで、ヒュンダイはコンセプト ジェネシスを発表した。

今までもセンテニアル(エクウス)というプレミアムカーを出してはいたが、これはボディ、エンジン、足回りとも三菱のデボネアベースで、世界市場に打って出るようなクルマではなかった。今回のジェネシスは、2008年の発売を予定する世界市場を視野に入れた、ヒュンダイ初めての真のプレミアムカーだ。

ジェネシスは、レクサスLS、メルセデスベンツSクラス、BMW7シリーズなどのFセグメントに、ヒュンダイが初めて本格的に進出するプレミアムカーだ。

ジェネシスは、新設計のDOHC 32V V8 4.6L 300ps以上のエンジンを積み、0-96km/hに要する時間は6秒以内を誇るFRプレミアムスポーツセダン。ZF 6速オートマティックトランスミッションは、マニュアル操作もできるシフトロニックを採用。