U.A.U!

1.4Lのガソリンと1.3Lのコモンレール式ターボディーゼルエンジン、ギアボックスは5MTと2ペダルのD.F.Nが用意される。

エンジンは95ps 13.0kgmを発生する1.4LのDOHC16Vと、70ps 18.4kgmを発生する500×650mm以下の世界最小サイズクラスの1.3L 16Vのコモンレール式ターボディーゼルが用意されている。ギアボックスはそれぞれに、5MTとD.F.Nと呼ばれる2ペダルの両方が用意されている。D.F.Nはオートマティックモードの自動変速と手動で変速するマニュアルモードを選択できる。

そのエンジンはイタ車らしく、元気に走る。

試乗車は1.4LガソリンのD.F.Nだった。オートマティックモードは、楽ではあるが都内の道路事情に合っているとは言えず、ついついマニュアルモードを使ってしまう。しかもアクセルを戻し変速後、アクセルを踏み込むのは一呼吸おいてからの方が快適だ。しかしそのエンジンはイタ車らしく元気で、活発に走ってくれる。

美しいデザインの力によって、クラスを超えたステイタスを持ったイプシロン。美しい女性が降りてくる姿を、是非見てみたいと思う。

イプシロンのカタログに「U.A.U!」というスローガンが書いてある。「UNITED.AGEINST.UGLINESS!」(醜いものに反抗しよう!)という意味だ。美しくデザインされたイプシロン。そしてその美しいデザインの力によって、クラスを超えたステイタスを持ったイプシロン。ドライバーズシートから男性はもちろん、美しい女性が降りてくる姿を是非見てみたいと思う。(写真・文 松本明彦)

<関連リンク>
・ガレージ伊太利屋
・ランチア イプシロン
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。