V12が5.8万kmで144万円! クーペへの逆風恐るべし!?

M・ベンツCLクラス フロント
安全性、快適性、軽量化などが考慮されて選ばれたボディ素材はスチールにアルミニウム、マグネシウム、プラスチック。この4素材が適材適所に配置されています。他種類の素材を結合するには高い技術と手間が必要ですが、最上級クーペだからこそ許される贅沢だと言えるでしょう
気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回はM・ベンツ最上級のクーペ、CL(旧型)を取り上げます。なにしろこのエコカーブームと不景気です。燃費の悪い大排気量で、使い勝手の悪いクーペに対する逆風は凄まじく、例えばこの3カ月でCLの中古車の平均価格は約30万円も下げています(原稿執筆時点)。最安値はなんと2000年式CL600の144万円(修復歴なし)。新車時価格は1720万円ですから、1/10以下という安さです。

そう聞くと「でも10万kmとかいってるんでしょ?」と思う人もいるでしょう。ところが、なのです。何と5.8万km。正直、私もちょっと驚きました。そこでSクラス(旧型)もそうなのかと調べてみると、最安値はS320(1999年式/10.6万km/修復歴なし)の67.9万円。では、と同じ144万円で探すと145万円ですがS320(2002年式/4.5万km/修復歴なし)が見つかりました。しかしCLはV12、一方のS320はその半分のV6。新車時価格でもS320はCL600の半分以下、800万円です。どれだけCLがお買い得か、もうお分かりでしょう。

ご承知の通り、CLのベース車はSクラスです。最上級セダンを最上級クーペに仕立てたわけです。デビューはSクラスに遅れること約1年の1999年10月。5LのV8を搭載するCL500と、5.8LのV12を積むCL600というラインナップでした。いずれもSクラスのS600L等にしか装備されていなかったアクティブボディコントロールを標準装備としています。

M・ベンツCLクラス リア
Cピラーのデザインモチーフは1961年の220SEクーペ。またBピラーのないサイドウインドウは、今年登場した現行Eクーペにも受け継がれている、M・ベンツのクーペモデルの伝統です
アクティブボディコントロールとは、通常は高級車らしいソフトな乗り心地に、コーナリング時や急加速時等には減衰力を高めてスポーティな乗り味を発揮してくれる足回りのことです。「快適性とスポーツ性の両立」とは高級車でよく使われる言葉ですが、M・ベンツのそれはグループCのレーシングカーにシステムを搭載してデータを蓄積し、開発したという自信から出た言葉。そんじょそこらの「両立」とはわけが違います。

ま、最上級クーペですから、こうした最先端技術が投入されるのは当たり前と言えば当たり前、ですよね。それがもうこの値段なのです。さらにもう一つ、とどめを刺しましょう。先の144万円でトヨタクラウンアスリート(旧型)なら何が買えるかというと…走行距離13.2万km(2004年式/修復歴なし)の3.0Gパッケージです(144.9万円)。

というわけで、ゼロクラウンはもちろん、同世代のS320にもないCLの魅力を次ページでさらに見ていきましょう。