走りの性能、充実装備などで休日が楽しくなる

VWゴルフトゥーラン 2列目&3列目シート
3列目は大人が座っても天井に髪の毛が触る程度。また運転席と助手席の背中には2列目の乗員用にピクニックテーブルが、またカップホルダーは3列目の乗員用にも用意されています
コンパクトなボディサイズと、直噴エンジン+多段(6速)ATということもあり、10・15モード燃費は1.6LのEが12.8km/L、2LのGLiが10.8km/L。ちなみに後期型となるTSIトレンドライン(Eの後継)は12.6km/L、TSIハイライン(GLiの後継)は12.4km/L。特に1.6LのEは、後期モデルと比べても決してひけをとる数値ではありません。

さらに装備の充実ぶりが目をひきます。エアバッグは運転席&助手席、サイド、カーテンと計6つもあります。さらに横すべり防止装置のESPやアクティブヘッドレストも全車標準装備と鉄壁の安全性能を誇ります。

シートは7名が一人一つという贅沢な作り。3列目を畳めばフラットで実用性の高いラゲージとなり、2列目の3つのシートは取り外すことも可能です。普段は3列目を折りたたんでおけばたいていの荷物は積めますし、2列目の一つを外せば本棚や自転車などちょっと長さのあるものでも積めてしまいますから、レジャーだけでなく、お買い物も楽しくなります。

VWゴルフトゥーラン シートアレンジ
取り外し可能な2列目シートや、折り畳みが簡単な3列目シートによって、乗る人の人数や荷物に合わせたアレンジが軽々できます
走れば、さらにゴルフトゥーランの魅力がよくわかるでしょう。ゴルフVに乗ったことのある人ならば、その走りとなんら変わらないことに驚きを覚えるに違いありません。6速ATは非常にスムーズで、平日の街並みから休日の高速道路の上を走らせてくれます。運転していると、コンパクトなボディと相まって「この車の一体どこがミニバンなのだ?」と思うほどです。

オーディオはCDチェンジャーが標準装備です。スピーカーも8個あります。クルーズコントロールも付いていますから、まさに幸せな家族が春のドライブを楽しむにはピッタリです。ETCを付ければ高速道路料金が1000円ですからね。ドライブの計画を練るのも、家族の楽しみの一つとなるでしょう。

このように、しっかり調べてみればお買い得な車種は意外とあるものです。あなたも一度、探してみてはいかがでしょう。

【関連リンク】
カーセンサーnet
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。