機械式の手ぶれ補正が欲しかった……

残念なことにボディ側にも、20mm/F1.7にも機械式手ぶれ補正機構が搭載されていない。基本的に液晶ディスプレイを見ながらの撮影になるので、ホールディングもややゆるめにならざるをえない。その分、レンズを明るくしたのでそれでフォローしてくれということではないかとは思われるのだが。

パナソニックは伝統的に光学式手ぶれ補正派なのだが、この機種に関しては妥協してくれてもよかったのではないかなぁ……というのが正直なところだ。


まとめ - フットワークの軽い自由なデジタル一眼カメラ

女性に大受けの美肌モードも搭載しており、重量やかさから見ても真に女性向けの機種だと言えるだろう。デジタル一眼カメラにありがちな「今日は持っていくのやめよう」というようなことが、DMC-GF1ではほとんどないはずだ。非常に自由であり、これまでのデジタル一眼カメラとはカテゴリ自体が異なる存在として扱いたいほどだ。

もちろん、マニュアル撮影などもしっかり使用でき、かつてのEOS Kissデジタルのようになんらかの機能がオミットされているようなこともない。

E-P1と並んでマイクロフォーサーズという規格の真髄が現れた機種だといえるだろう。

 

【関連ページ】
LUMIX DMC-GF1 実写画像

【関連サイト】
パナソニック LUMIX DMC-GF1



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。