クルマが良く売れるのは3月の決算期だが、良く売れる3月はユーザーにとってもクルマを買うのに絶好の月である。
3月の販売台数は正月明けで稼動日の少ない1月と2月の台数を合計したのと同じくらいになるが、これにはいろいろな理由がある。

日本ではほとんどの自動車メーカーが3月を決算期にしている。このため3月はその決算期の数字がどうなるか、最終的に決まるギリギリの月になる。この月に少しでも販売を伸ばせば、決算の数字が良くなるし、この月に売り損ねると年間の販売台数にも大きく響いてくる。
こうした決算期を迎えたディーラーの頑張りが3月の販売台数を伸ばすひとつの理由だが、ほかにもいろいろな理由がある。ユーザーの側にとっても、3月は新卒・就職シーズンで、この時期に新規にクルマを買うユーザーも多い。

また法人ユーザーの場合にも、決算期との関係で3月中にクルマを買う例が多くある。このようにいろいろな理由が重なって3月にはクルマが良く売れるのだが、3月に買えば大幅値引きが獲得できるというメリットもある。
自動車メーカーは各地にある新車ディーラーと契約を結んでいるが、その契約は非常に細かい内容のものになる。一定の台数を基本に契約し、それを上回る販売台数をに達すると、非常に高い率の販売奨励金が支払われることになっているのが普通。

しかもその販売奨励金は、台数を伸ばすに連れて放物線を描いて加速度的に増えていく仕組みになっている。極端なことを言うと、ディーラーが最後の1台をタダで渡しても、メーカーからの奨励金を計算すれば得になるなんてケースもあるのだ。
だから3月中に登録できるクルマなら、少々のことがあっても無理して登録し、3月登録による販売奨励金を受け取ろうとする。この無理が大幅な値引きにつながっていく。
通常の月には20万円程度の値引きしかしていない車種も、3月になると30万円近い値引きをするのが普通だし、在庫車で3月末にギリギリで登録できるクルマなら、30万円を超える大幅な値引きが飛び出したりする。

大幅な値引きをして販売されるクルマは、後になって手放すときのリセールバリューが安くなる可能性が高いので、値引きを単純に喜んではいられない面もあるのだが、取り敢えず安く買えるのは大いに歓迎していい。
3月中に契約しても、納車が4月以降になるようなケースでは、販売奨励金との関係で値引き額を抑制してくるディーラーが多いが、仮に納車が4月になったとしても、3月並みの値引きを要求するのは当然のこと。セールスマンも月が変わるだけで値引き額が変わることを説得するのは難しいので、それなりの値引き額で対応してくるはずだ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。