結婚にかかる費用は意外と高額、計画を立てて準備を

結婚を考え始めるカップルにとって、「どれくらいお金を貯めないといけないの?」「みんなはいくらくらい使っているの?」など、気になることの1つに結婚費用があるでしょう。
結婚にかかる費用は多種多様。きちんと計画をたてて準備したい

結婚にかかる費用は多種多様。きちんと計画をたてて準備したい


結婚式などは2人だけでなく両家も含めて話を進めていかなくてはいけません。結婚後は新生活も始まります。気持ちよく2人の生活がスタートするように、お金の話はきちんとしておきましょう。ゼクシィ結婚トレンド調査2017(リクルート社)の調査から、結婚に関するお金情報をご紹介しましょう。

結婚費用の平均は総額463万3000円

結納・婚約~新婚旅行までにかかった費用の平均データ(全国(推計値) 項目別平均額は実施した人の平均額なので、各項目の平均金額の合計が総額とは異なっている (出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」リクルート社調べ)

結納・婚約~新婚旅行までにかかった費用の平均データ(全国(推計値) 項目別平均額は実施した人の平均額なので、各項目の平均金額の合計が総額とは異なっている (出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」リクルート社調べ)

上の表は、結納から新婚旅行までの結婚にかかった費用総額とその内訳の平均です。総額の平均は463万3000円となっています。この金額の高さにビックリした人も多いのではないでしょうか?

中でも一番高額なのが、挙式、披露宴・披露パーティの354万8000円で、総額の8割近くを占めています。次に高額なのが新婚旅行。お土産も含めると71万7000円。新婚旅行へは、お土産代も考えてから計画することが大切ですね。

また、婚約指輪と結婚指輪をあわせて59万5000円。指輪へのお金のかけ方はカップルによってかなり差がでてくるところです。意外と見落とされがちな指輪代。2人で吟味して選んで下さい。

挙式・披露宴の平均は総額355万円

挙式関連費用の平均データ (万円) *1「ギフト」には「引出物」、「引菓子」、「引菓子以外の食べ物、飲み物」を含む。1人あたりのギフト費用は、各サンプルごとに「ギフトの総額(万円)」を「ギフトの用意数(人分)」で割って算出 (出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査首都圏2017」リクルート社調べ)

挙式関連費用の平均データ (万円) *1「ギフト」には「引出物」、「引菓子」、「引菓子以外の食べ物、飲み物」を含む。1人あたりのギフト費用は、各サンプルごとに「ギフトの総額(万円)」を「ギフトの用意数(人分)」で割って算出 (出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査首都圏2017」リクルート社調べ)

挙式や披露宴にかかるお金は354万8000円とかなり高額となっていました。この中でのそれぞれの費用をみましょう。

一番高額なのが新婦の衣装で46万5000円。衣装の組み合わせとして一番多いのがウェディングドレスとカラードレス。洋装でお色直し1回が多いパターンでしょうか。55.6%の人がこのパターンを選択しています。次に多いのが11.9%でウェディングドレスのみ。お色直しをしないという選択もありそうで す。また8割以上がレンタルを利用しています。新郎の衣装代は16万3000円で、タキシードのみというのが63.7%となっていました。

ブライダルエステの利用も増えています。エステの利用は、2010年の調査で83.8%でしたが、2017年では92.2%となっています。費用の平均は 8万5000円。また、スナップ写真やビデオ撮影も業者に頼むとなると、高額になっています。写真が21万8000円、ビデオが19万6000円。

エステや撮影などは、式やゲストに直接影響がないところ。節約を考えるなら、このあたりを一番に考えるといいのではないでしょうか。

披露宴、招待客1人あたり平均2万5000円

料理と飲み物の1人あたり平均は1万9000円となっています。また、引き出物などのギフトの平均も1人あたり6000円。招待客1人あたり2万5000円ですね。

披露宴にどれだけの人を呼ぶかが、結婚費用を決める鍵となりそうです。結婚式や披露宴の場所やスタイル、招待客の人数などは事前にしっかりと決めておきましょう。

このように、結婚にかかるお金をみてきました。では、これら全てを2人で用意しなくてはいけないのでしょうか? 結婚となるとご祝儀もありますし、親からの援助などを受けている人もいますよ。

>>ご祝儀や親からの援助など入ってくるお金をで詳しくご紹介しましょう。