新しいアルファのクーペモデル『ブレラ』を公開!

3月に開催されるジュネーヴショーにおいて公開予定のアルファブレラのオフィシャル写真が公開されました。

公開されたのは、スタイリングのみの写真ですが、イメージは02年に発表されたジウジアーロのコンセプトカー“ブレラ”そのもの。

ディメンジョン的には、全長4414mm×全幅1830mm×全高1372mmと、コンセプトカーの4388mm×1894mm×1289mmに比べて長く、狭く、高くはなっていますが、開口面積の大きいグラスルーフや特徴的な形状のフロントマスク、アルミホイールやドアノブのデザインなど、かなりいい感じで再現できているとみました。特にリアスタイルはほぼ完璧にあの“ブレラ”でしょう?もちろん、座席数は2+2。

外観上でコンセプトカーと大きく異なるのは、跳ね上げ式のドアでないこと(当然ですよねえ~)、追加されたサイドマーカー、ドアミラーのデザイン、ジウジアーロバッチの位置、そしてフィラーキャップデザインといったところ。逆にそれぐらいしか違わない、ということです。拍手。

もっとも、中身はウワサされていた通り、156後継モデル(車名は159とのウワサ)のプラットフォームですから、コンセプトカー“ブレラ”のようにV8は積みません。搭載されるエンジンは3種類。お馴染み240bhpの2.4リッターJTDディーゼルターボが主力で、ガソリンは新開発の2.2リッターJTS185bhpと3.2リッターV6260bhpの2種類。セレスピードもしくは6速マニュアルを組み合わせるようです。

シャシーも当然ながら次世代。電子制御バリバリ。アルファQ4システムの搭載もあり。スパイダーだってそのうち・・・。仮名159と併せて注目したいアルファの登場です。まずはスタイリングを次ページでとくとご賞味あれ。