取材の帰りにバンコク市内にあるフィアット系ディーラーにも突撃取材を試みました。あいにく責任者には会えませんでしたが、アルファ156は600万円という高価さにも関わらず、月に20台ぐらい売れるとのこと。

さらに、このディーラーの工場にはアルフェッタやスパイダーなど古いアルファも終結していて、なかなかやるじゃないタイのアルファフリーク、ってな感じ。

いやあ、こんな可愛いショウルームレディーに156を勧められたら、僕も素直に166からチェンジしちゃうだろうなあ。ちなみに、ここではすべての最新アルファモデルを、グレード限定ではありますが、扱っています。取扱的にはほとんど日本と同じレベル、と考えてもいいでしょう。

ただし、156は自国製。ああ、うらやましいなあ。

読者諸兄!イタリア製にこだわるのはやめにしませんか?!だったら、素直にFAJもタイ製を入れてくれると思うのだけど・・・。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。