エンジンもパワーアップ

3月17日よりスペシャルウェブサイトにて新しい308CCの予約注文の受け付けが行なわれていた

プジョー308CCに、待望の6速ATが搭載されました。308CCというクルマについて、すでに1年前にお伝えしているとおり、ルーフを開けても閉めてもスタイリッシュで、インテリアの雰囲気もあるし、走ればプジョーらしいしなやかなフットワークを味わえるなど、とても魅力的なクーペカブリオレだと思っています。日本導入当初から、そう遠くないうちにATが6速になるであろうことは囁かれていたところ、それがようやく実現したわけです。

407シリーズに搭載されている第1世代とは異なる、第2世代の6速ATを搭載

この新型6速ATは、PSAプジョー・シトロエンと日本のアイシンAWが共同開発したもので、プレスリリースによると、以下のような特徴が記されています。
●摩擦ロスを最小化するとともに、優れたパフォーマンスを発揮
●スムーズなシフトチェンジと高い静粛性
●2速から6速のロックアップ領域を広げることで、ダイレクトなドライブフィールとクイックなシフトレスポンスを実現
●スタート&ストップの多い日本における走行パターンを考慮し開発

スタイリッシュなスポーツクーペとオープンエアモータリングのカブリオレという2つのドライビングプレジャーを併せ持つモデル

また同時に1.6L直噴ツインスクロールターボエンジンも変更されています。欧州の排出ガス規制の新基準「ユーロ5」に対応した新エンジンと前記のATの搭載により、これまでのユーロ4対応と比べて燃費は約17.2%も向上し11.0km/Lに。最高出力は103kW(140ps)/5800rpmから、115kW(156ps)/6000rpmにパワーアップしています。

次ページで走りのフィーリングを