クーペとロードスターどちらも「主役」

グレード体系は、標準モデルとバージョンT、バージョンSTの3つ。バージョンSはない。価格435万7500円~509万2500円

フェアレディZのオープントップモデルというと、先々代のZ32では「コンバーチブル」の名称で発売されました。正直、あまりパッとしなかったのですが、「ロードスター」に改称されたZ33では、クーペとほとんど横並びのラインアップとなり、どちらも「主役」となった印象がありました。事実、日本ではどちらもあまり見かけることはないものの、月販約2000台をコンスタントにマークする北米で、その販売全体の約4割がロードスターというほどです。

インテリジェントキーを携帯しながらリクエストスイッチ(ドアハンドルに装備)を押すことで、車内に入らずにソフトトップのオープンが可能

そして、2008年12月、フェアレディZはまずクーペのみ現行のZ34型に移行。そして2009年10月、オープントップモデルノロードスターがラインアップされました。プレスリリースによると、新型「フェアレディZ ロードスター」の主な特長は、
●オープンでもクローズでも、目を引く美しさ
●スポーツカーとしての走りとオープンカーとしての気持ちよさを両立
●ソフトトップの容易な開閉操作
とのことです。

ヘッドランプからウエストへとアーチを描きながら駆け抜けるダイナミックなキャラクターライン

彫刻的な面構成で、スポーティさとエレガントさを両立したロードスター専用18インチ鋳造アルミホイール(クロームカラーコート)を採用。※「Version ST」に19インチ鍛造ホイールをオプション設定
エクステリアは、クーペとの共通のモチーフに加え、大胆にボリューム感を持たせたリアセクションが印象的。また、格納したソフトトップを全て覆い隠すストレージリッドにより、オープンでの美しいスタイリングを実現しています。この優雅さを表現すべく、新色プレミアムディープマルーンを含む、全7色のボディカラーが設定され、全色にスクラッチシールドが標準設定されています。

布生地(キャンバス地)のソフトトップを採用し、質感を向上。カラーは、新色ボルドーとブラックを設定。ソフトトップはなめらかな形状とし、クローズ時には流麗なシルエットでボディとの一体感を表現


次ページでインテリア~走りについて