308のフラッグシップモデル

ボディサイズは、307に比べて全長が+80mmの4290mm、全幅が+60mmの1820mmとひとまわり大きくなり、全高は▲15mmの1515mmに。価格384万円

プジョーの主力モデルである307の後継モデル、308が登場したのは2008年5月のこと。約3ヶ月遅れて待望のGTiに試乗する機会に恵まれました。実をいうと筆者は、かつて短期間ではありましたが、205GTiを愛車としていた時期があります。プジョーの「GTi」と聞くと、やはり気にせずにいられません!

ほかの308シリーズと同じく、BMWとの共同開発による1.6Lターボエンジンは、GTi用にチューニングされ最高出力175psとパワフル。これに6速MTが組み合わされます。ボディは3ドアハッチバックのみ、右ハンドル仕様の設定となっています。

日本に導入される308で唯一の3ドアハッチバックボディ。エアロパーツや18インチホイールなど、意識の高い人にはひと目で「GTi」と判別がつくはず

内外装もGTiに相応しく専用に仕立てられています。スポーツタイプのリアバンパーおよびスポイラー、専用デザインの18インチアルミホイールなどを標準装備。インテリアも、レザーとファブリックのコンビとなるGTi専用スポーツシートや、アルミ製シフトノブやアルミペダル、ステップガード、パノラミックガラスルーフなども装備されます。

インパネは308のその他のモデルと基本的に同じ。アルミ製シフトノブやアルミペダルが備わる

ここまで知って、「?」と感じたのは、207GTiとの相違点です。弟分の207には「GT」と「GTi」があって、いずれもスタンダードモデルよりも上級装備が与えられますが、エンジンだけでなく、サスペンションやブレーキ、バケットシートなど、走りに関する主要パーツが差別化されています。GTiはまさしく走りのモデルとして位置づけられているのです。

そして308にはGTがなく、GTiのみの設定となっていますが、308GTiに与えられた装備やキャラクターが、207GTiとちょっと様子が異なります。エンジンこそ共通の高出力版ですが、ほかの部分は、むしろ207でいう「GT」のほうに近いのです。どうやら308GTiは、ハイパフォーマンスバージョンというよりも、単に308の中のフラッグシップという認識のほうが似合うようです。

レザーとファブリックを組み合わせた専用シートを装備。フロントシートヒーターはオプション。ダッシュやドアトリムまでレザーとした308の特徴的装備である「インテグラルレザー」仕様も受注生産にて選択可能


次ページで走りをチェック