トヨタ・エンジンを搭載した111Rの報告を行ってからわずか2ヶ月しか経過していないが、早くもロータスの「次の手」であるエクシージの報告を行いたい。3月のジュネーブショーで発表され、5月には日本でも発表されたエクシージの2代目モデルを、実は4月の半ばにロータス本社のあるイギリスはヘゼルでテストしてきた。

既に多くの自動車雑誌に、僕自身のレポートが掲載されているので、「またか」と思う方もいらっしゃるだろうが、このページで初めて読む方もいらっしゃるだろうから、最初の思いを記しておこう。実は試乗前までかなりこのクルマを疑っていた。

理由はシンプルで、エンジンのスペックが111Rと全く同じだったため。併せて車両重量が111Rよりも重くなったためだ。

事実エクシージは、数値で見ると111Rに劣っている。0-100km/h加速では0.1秒遅く、最高速では4km/hほど低い237km/hとアナウンスされている。つまり2代目となるエクシージは、数値上の動力性能においては111Rに劣っていたわけだ。もっとも111Rはエリーゼ史上最強といえるだけの動力性能を実現しているわけだが、エリーゼ以上にスパルタンな位置づけにあるエクシージなのだから正直この点は気になっていた。

しかし、そんな疑いは一瞬のうちに消え去った、エクシージを走らせた瞬間に。まるで全身を電気が走り抜けたかのような衝撃がそこにあったのだ。

同時に、公式アナウンスされる数値の差というのは、リアルワールドでは誤差の範囲だということを痛感した。つまり動力性能的にはほぼ同等の感覚なのである。

加えてエクシージの場合は、111Rよりも10%ほど硬められたサスペンションと、グリップ力の高い専用パターンの横浜A048が与えられている。さらに専用のエアロパーツが、市販車としては珍しくダウンフォースを発生させている…もうお分かりのように、エンジンは同スペックでもシャシーおよびボディにおける仕事のレベルが異なるため、パフォーマンスは確実にアップしていた。しかもそれは、111R比で圧倒的、といえるほどのものだった。