オートソックの使いこなし方とは?

装着例
雪道をどのくらいの頻度で走行するのか、各自の使い方に合わせて選択するといいだろう
今回、実際にオートソックを使ってみて、その雪道性能は十分なものだと分かりました。これならば、タイヤチェーンの代わりとして、安心しておススメすることができます。ただし、その使い方には少々制約というか、気を付けたい点があるのも事実です。そこで最後にまとめとして、オートソックがどのような使い方にマッチしているのか、考えてみました。

まず、普段はめったに雪が降らない地方に住んでいるドライバーにとってですが、年に一度か二度あるかないかの降雪に備えたエマージェンシー用のキットとして、冬の時期に携帯しておくには最適な製品です。使い方によっては、数年以上も使用できそうですから、コストパフォーマンスも優れています。何より、もしものときに手軽に装着できるというのが最高です。

年に数回スキーや行楽などで雪道を走行する機会があるというユーザーにも、目的地に確実に辿り着くための滑り止めとして、十分な性能を発揮してくれるはずです。ただ、雪道を走行する頻度によっては、コストが高くなるのは否めません。また、高速道などでチェーン規制が出たときに対応できない可能性があるというのも注意したい点です。そのため、スタッドレスまでは不要というユーザーであれば、タイヤチェーンとオートソックを両方用意し、状況に合わせて使い分けるという方法もアリだと思います。

4輪全てにオートソックを装着するのもアリ?

降雪地域に住んでいるユーザーや頻繁に雪道を走行する機会がある人にとっては、間違いなくスタッドレスがおススメです。ただし、その場合も前述のようにエマージェンシー用としてオートソックを用意しておけば、もしものときに役立つはずです。スタッドレスといえども万全ではありませんから、雪道を頻繁に走行していれば、どうしてもスタッドレスだけでは対応できないシーンに遭遇する可能性はあります。今回は試していませんが、スタックして動けなくなった時にも、ジャッキアップするなどしてオートソックを装着できれば脱出できるかもしれません。

また、初心者などでなるべく安全に雪道を走行したいという場合や凍結によって極端に危険な路面状況に遭遇した場合には、4輪全てにオートソックを装着するという方法も考えられます。もちろん、コスト的には倍の出費となりますが、スタッドレスを購入することを考えれば、それでも半額以下で用意できますし、何よりも安定性は飛躍的に高まります。

結論としては、雪道を走行する可能性のあるユーザーであれば、誰でもオートソックを備えておいて損はないと思います。ちょっと宣伝のように聞こえてしまうかもしれませんが、性能、利便性、価格の全ての要素が高いレベルで両立された製品として、本当におススメできるアイテムです(理想をいえば、全サイズの実勢価格がもう少し控えめとなるとなお良いのですが……)。

 【関連記事】
タイヤチェーンの基本と巻き方、種類別おすすめ3製品
布製タイヤチェーン「オートソック」のメリットと注意点

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。