雪道走行
大抵の雪道でもスタッドレスさえ履いていれば、まず問題はありませんが、備えあれば憂いなしです
ここ最近の記事では、雪道や寒冷地を走行する際にぜひとも用意しておいてほしいスタッドレスやウィンドウ・ウォッシャー液の濃度調整などについて取り上げてきました。ただ、それ以外にも用意しておけば、いざという時に必ず役に立つアイテムがありますので、今回はそうした装備品についてご紹介したいと思います。

タイヤチェーン

スタッドレスを履いているのにまだチェーンが必要なの? と思われる方も多いでしょう。もちろん、新しめのスタッドレスであれば、圧雪路から凍結路まで、ほとんどのシチュエーションに対応できますが、ツルツルに凍った登り坂など、本当に厳しい状況ではスタッドレスだけでは対応できないこともあるのです。

そんな時には例え短距離であっても、タイヤチェーンが必要になります。私も過去に1度だけ、スキー場の駐車場へアクセスするほんの十数メートルの坂を登ることができず、困ったことがあります(車種はFRという最も雪道を苦手とする駆動方式でしたが……)。駐車場なら別の場所を探せばいいのですが、目的地に向かう道中でそんなことがあれば、目も当てられません。たった十数メートルのためでも、チェーンを用意しておくに越したことはありません。

余談ですが、こうしたときFF車では裏ワザとして、バックで登ってみるという方法もあります。こうすると駆動輪に荷重が掛かり、グリップ力をより引き出すことができるのです。ただし、走行する距離が長い場合やバックでの走行が苦手な方にはあまりお勧めできませんが。

ところで最近は金属やゴム製ではなく、布製のタイヤチェーンというものも販売されています。緊急用ということで、耐久性などの問題はありますが、コンパクトに収納でき、価格も手頃で装着も簡単とのことです。残念ながら、私はまだ一度も試したことがありませんので、その性能については未確認ですが、チェーンは面倒という人は試してみてはいかがでしょうか。

次ページではその他の装備を取り上げます