らしくない!?に挑戦した画期的ベンツ

メルセデス・ベンツ・Bクラス
天下のメルセデス・ベンツが放つ新型コンパクト「Bクラス」。Aクラスよりも全長が420mm大きくなっています。車両本体価格は299万円2500円~393万7500円(税込)です

最後は質実剛健の国・ドイツらしい機能派コンパクト、メルセデス・ベンツ・Bクラス。最小モデルのAクラス、小型セダンのCクラスの間に位置する新型コンパクトです。Aクラスをベースにしてボディを延長し高さを増やし、居住スペースと荷室空間を広げた兄貴分的存在ですが、目を惹くディテールはそのホイールの意匠。ラグジーなLAスタイルに定番の、あの鏡のように輝くクロームめっきホイールを履いているのです。

アメリカ西海岸の若者の間では、ディーラーで購入した新車が納車された途端、一度も乗らずにカスタム専門店にまずは持ち込んで、ビカビカホイールに交換するのがお決まりです。フォーマル服をドレスダウンして着こなす「ハズシ技」にも通じるこのトレンド、型を破るのが大好きな若者を中心に愛されています。

ビカビカホイール採用の理由

ホイール
カスタム好きにはたまらない「ビカビカ」ホイール。これがメルセデス・ベンツの純正パーツだと思うとちょっと意外ですよね
さて驚くべきは、このBクラスのホイールが純正パーツだという事実。質実剛健な企業として知られるメルセデス・ベンツが、自らビカビカホイールを作ったのです。自動車界の型を作り続けてきたメーカーが、こんな「型破り」なパーツを作るなんて意外ですって? いえいえ、とんでもない。ホイールはこれひとつで乗り心地も性能も変わるといわれるほど重要な部品。格好のためとはいえ信用の低いものを取り付けられては、安全性を揺るがす可能性も。純正ビカビカホイールは、自社でこだわった部品であればこそお客様の安全を守ることができるのだという信念の現れともいえるもの。安全性に関してはハズシ技を許さないメルセデスらしい手段だとは思いませんか。

欧州では高いステイタスと人気を誇るコンパクトカーゆえに、ユーザーの目は大変厳しく鋭いもの。そんな風土に鍛えられたモデルたちには、このようにこだわりの粋が詰め込まれています。今回ご紹介した3車種以外にも、ユニークなこだわりディテールを宿した欧州コンパクトは数多くあります。洋服の縫い目や鞄の素材感を見るような視点で、クルマ選びをしてみるのもいいのではないでしょうか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。