乗り心地は一歩リード

ホンダはもともと、軽自動車に対してちょっと変わったアプローチをしていた。ほかのメーカーが周囲を気にして「ライバルに対してこう」と、比較論で開発していたのに対し、「小さいクルマはこんな感じ?」と、まったく独自の小さいクルマ論を展開していたのである。絶好調の軽自動車市場、そのうちの3分の2を占めるハイトワゴン。そこに独自展開のホンダがゼストを投入してきた。

「軽自動車って女性ユーザーが多いけれど、ほんとは男の人も乗っている」と、市場調査で確認し、ゆえにデザインはかなり男性っぽい。というか、このところのホンダ・デザインは相当に男性志向だ。オデッセイしかり、エアウェイブしかり。見た瞬間、ゼストよ、お前もかという気分である。

高い天井、広い車内、使いやすいシートアレンジ。エンジンはターボのアリとナシで、それぞれにバンパー周辺のデザインに始まってパワステの重さも変えてあり、まったく別のキャラクターを与えられている。でも、一貫して同じなのはその走りのしっかり感だ。

ホンダのヒット商品である軽自動車のライフも、乗った瞬間「乗用車みたい」とクルマの素人である女性編集者に言わしめたが、それと同じベースを使って作られたゼストも、しっかり感はさすがである。ついでにATのシフトショックが少ないのも上げておこう。つまり、スタートする~加速する~止まる、という動作のなかで、いや~な振動や、軽自動車によくある軽々しさや、浮いた感じがないのだ。腰が低く落ち着いた乗り心地。ホンダが作ると軽自動車はこうなるのか。

一見、同じように見える軽自動車だが、どんぐりの背比べと言われようと、実はこの決められたサイズのなかでは熾烈な戦いが繰り広げられている。乗り心地においては、一歩確実にリードしているゼストである。

関連サイト
ホンダ ゼストのホームページはこちらから。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。