そろそろ限界!?

フロントビュー
1984年に70系として登場したプラド。先代は02年にデビューだから7年ぶりのフルモデルチェンジになる。全長4760×全幅1885×全高1850mm。価格は315万~475万円
4代目ランドクルーザープラドがデビューした。4代目は全長が45mm、全幅が10mmの拡大に抑えながら、室内幅を30mm拡幅するなど、室内効率のよさが自慢だ。見た目からして立派に見えるが、全長は延びたがそれほど大きくなっていないのは朗報。

見た目だけでなく車内もゴージャスで、いかにもトヨタの高級車という雰囲気が漂う。迫力のある顔つきや高級感のあるインテリアだけでなく、ランクル200譲りの先進装備が目を惹く。まさにショート版ランクル200といえる新型プラドだが、そこに安っぽさやグレード落ちの感覚はほぼ皆無。日本には200は大きすぎるから、ウエルカムなサイズといえるが、一方で現在のベクトルでの進化に限界も感じたのも事実だ。まだ出たばかりで恐縮だが、7年か8年後かのフルモデルチェンジでは何らかの時代性をより強く意識せざるを得ないはず。

クラウン的乗り心地

リヤビュー
いかにもタフな印象のリヤビュー。凹凸のあるリヤコンビランプは先代でも見られたデザイン。現在では少数派のクロカン系本格派4WDだけに、乗降性や積載性は「いまどき」のSUVとは異なり、フロアの高さを随所に感じる
新型プラドのパワートレインは4.0LのV8と2.7Lの直列4気筒で、前者は5速AT、後者は4速ATとの組み合わせ。ガソリンのみでディーゼルはなく、もちろん4WDのみ。「TX」にのみ5人乗りを用意し、それ以外は3列シートの7人乗りになる。上級の「TZ-G」のみエアサスになる。

次ページは使い勝手について