インフィニティFXとEX

フロントビュー
スカイライン・クロスオーバーの搭載エンジンはVQ37VHRの1本のみで、2WD/4WDともに用意される。価格は420万円~499万8000円。スリーサイズは全長4635×全幅1800×全高1575mm
ムラーノがあるのにまたSUV?と思われた向きもいるだろう。スカイライン・クロスオーバーはインフィニティEXの名前で北米デビューしており、インフィニティQXやFXなどとともに彼の地でのSUV・クロスオーバー戦略の中核を担う。

日本には残念ながらインフィニティ・ブランドは正式上陸を果たしていない。しかし、FX35/FX45は並行輸入の形で一部ファンから絶大なる人気を集めているし、オーディオ系のデモカーやVIPカー系の素材として珍しくはない。また、シーマなどをインフィニティ風にドレスアップする文化?まである。

レポーターは以前、日産栃木のテストコース内でFX35、45とも試乗する機会を得たし、ショップ・デモカーの取材経験もある。5、6年前は、「スタイリングは世界一のSUV」だなという印象を抱いたが、いま都内でFXに遭遇してもその感想はほとんど揺らがない。

スカイラインの神通力?

リヤビュー
2WD、4WDともにラインナップするスカイライン・クロスオーバーだが、FR風のリヤフェンダーを採用する。リヤビューのイメージは、FXなどに通じるものがあり、クーペとの融合、つまり流麗さを最も感じさせる眺めだろう
QXはもちろん、FXも日本には大きすぎるという判断から日本導入が見送られたのだろう。現行FXが出た際も正式導入を望む声が多かった。確かに一部のファンからは支持されただろうが、一般論として日本で走るには大きすぎる。もしインフィニティ・ブランドが日本に浸透していれば、あるいはバリエーションにあったかもしれない。対してインフィニティEXは、フーガやスカイラインなどと同じFR-Lプラットフォームを使い、4.6m超、1.8m級に抑えられている。主査もフーガやスカイラインの大澤さんだから、日本での使い勝手への配慮が練られているはずだ。

車名にスカイラインの名前が冠されたのは、その神通力に頼ってのことだろう。ドレスアップ派には「インフィニティ」のエンブレムに張り替えられてしまいそうだが。ムラーノがあるのに、なぜクロスオーバーも追加なのだろうと考えてしまうが、インフィニティEXがあってこその日本導入、つまり例え「北米からのおこぼれ」だとしても、日本のユーザーとしては選択肢が増えるだけありがたい。

次ページは注目の中身について