ワゴンとミニバンの間

フロントビュー
7人乗りワゴンを名乗るプジョー308SW。全長4515×全幅1820×全高1560mm。日本の3列ミニバンではホンダ・ストリームが4570×1695×1545mm。スバル・エクシーガが4740×1775×1660mm。全長は短いがワイド感のある全幅は、外から見ても中で乗っても感じられる。価格はレザー仕様が389万円、ファブリック仕様が339万円
BMW製プジョーがチューニングした1.6L直噴ターボに4ATを組み合わせたプジョー308SWは、307SW時代よりも95mm全長が延び、全幅も60mmアップ。とくに全幅はオデッセイの1820mmよりも20mm ワイド。

大きくなったメリットは

リヤビュー
鋭いフロントマスクに対して、リヤビューはドッシリとした安定感が特徴。テールゲートのリヤウインドウは、サイドまで回り込んだ形状
重厚感十分、ボディ剛性の高さをうかがわせる車内に乗り込むと、フロントオーバーハングの長さと全幅を注意しなければと思わされる。3列シート車の割に全長は短めだが、狭い路地に侵入するととくに左前には神経を使う。大きくなったデメリットは住宅街など、街中での取り回し性に表れている。

一方、メリットは運転席と助手席の距離であるカップルディスタンスが十分なこと。最近のプジョーは、ボディの大きさの割に車内が広く感じられないというパッケージングの効率に疑問符を抱いていたが、大人4人までならゆったりとくつろげるだろう。

次ページは走りについて