満を持して「スパーダ」を投入

フロントビュー
ステップワゴンのマイナーチェンジとともに、先代モデルにもあった「スパーダ」が復活。同グレードのスリーサイズは全長4660×全幅1695×全高1770mm。全ラインナップの価格帯は200万5500円~341万2500円。
人気の5ナンバーBOX型ミニバンの一角を占めるステップワゴンが、マイナーチェンジを受けた。同クラスで最も売れていた日産のセレナ、新生ヴォクシー/ノアは大ヒットで両車を足すとカローラを抜き、最も売れている乗用車(登録車)となる。そんな激戦区にあって、現行ステップワゴンはデビュー時こそ勢いのあったものの、次第に劣勢に回っていった。そこで、カンフル剤として投入されたのが「スパーダ」だ。好敵手セレナの過半数を占めるのが「ハイウェイスター」という事実を受け、真っ向からエアロ系の「スパーダ」ぶつけてきた。しかし、ホンダらしいこだわりが表現されている。

ホンダらしい走りへのこだわり

リヤビュー
クリアアウターレンズテールランプ、前後のエアロフォルムバンパー、テールゲートスポイラーなどでスポーティな佇まいに。全幅はノーマルモデルと同様の1695mmに抑え、全長のみバンパー形状などの違いで延びている
エアロパーツなどで精悍なイメージになった「スパーダ」は、ノーマルモデルよりも数段存在感が増した印象だ。マイナー前のステップワゴンは、セレナの「ハイウェイスター」やヴォクシーよりもいくらかスパイスが足らない印象があった。それは、販売的に劣勢だったからそう感じたかは分からないが。ホンダの開発陣も現在の流行は、バリバリのエアロパーツでキメたモデルよりも、ちょっと違うチョイ悪程度が受けると分析したようだ。

装備を見ていこう。専用のエアロフォルムバンパーやLEDハイマウントストップランプを内蔵したテールゲートスポイラー、ダーククローム調サブリフレクターのクリアアウターレンズテールランプ、16インチホイールなどを装着。さらに、専用色の「プレミアムブラキッシュ・パール」などを設定し、内装色も単なる黒とは違い紫っぽい専用の「クールブラック」としている。と、ここまではよくあるエアロ系モデルだが、スパーダ専用チューンのサスペンションを2WDモデルに施しているのがニュースだ。また、2.4L車のCVTにはパドルシフトを装備し、スポーティな走行に備えている。

次ページは装備の変更点について。