苦しいシーズンを強いられたBMW

岡山で驚異的な速さを見せたアウグスト・ファーフス。

WTCCで最大勢力を誇り、WTCCの顔とも言えるのがBMW。2006年からは3シリーズのスーパー2000モデルとして2600台生産された320Siを投入して、2006年と2007年のシリーズを制した。ETCCから数えると4年連続でマニュファクチャラーズのタイトルを獲得したBMWだが今シーズンは進化を続けるセアト・レオンのディーゼルターボに押され気味。BMWに有利なコースとされた岡山では起死回生の勝利を狙ったが2レースともセアトに負けてしまい、今シーズンのタイトルを失った。
4年連続でETCC/WTCCを制したアンディ・プリオール


岡山ではインディペンデントクラスながら好走を見せワークスチームに存在をPRしたセルジオ・ヘルナンデス。

ENDLESSのサポートを得てインディペンデントクラスに出場した青木孝行。

最終戦、マカオ・ギアレースにはホンダ・シビックタイプRやトヨタのアルテッツァなどのマシンが地元ドライバーの手によって出場予定。日本には存在しない純粋なツーリングカーの格闘技。かつてはJTCCというレースが存在したが、日本メーカーもワークス参戦してもっと注目を集めて欲しいものだ。

【関連記事】
WTCCの猛者たちがついに日本に来襲!

WTCCは異常なほどに面白い!(2006年)

【関連リンク】
WTCC公式サイト(英語)

WTCCオフィシャルテレビ GAORA

【All About「モータースポーツ」】
All About モータースポーツ トップページ

All About「モータースポーツ」のメールマガジン好評配信中! 登録はコチラ 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。