F1再開へ向け、ピット、パドックを中心に大幅改修

上空から見た改修後の鈴鹿サーキット。
【画像提供:MOBILITYLAND】

2009年のF1世界選手権「日本グランプリ」の開催が決定している鈴鹿サーキット(株式会社モビリティランド)から、鈴鹿サーキットの国際レーシングコースの改修計画が発表されました。

1987年から21年間に渡って親しまれたグランドスタンド、ピットなどの光景は2008年の秋から2009年の春にかけて実施される改修工事でガラリと様変わりします。グランドスタンドには大型の屋根が設置されるなど、観戦環境面、ホスピタリティ面でも快適さが大幅に向上するということで、モータースポーツファンにとっては完成が楽しみな改修工事になりそうです。

ピットは3階建ての近代的なものに

コントロールタワー&ピットボックスのイメージ図
【画像提供:MOBILITYLAND】

今回の改修工事で注目は新ピットビルの建設です。新設ピットビルは現行のものより約100m長くなり、48のピットボックスが設置されます。そして、現行の2階建てから3階建てへと進化し、1階にはピットガレージ、2階にはガラス張りのホスピタリティブース、そして3階にはF1開催時にパドッククラブとして使用される開放スペースが設けられます。

次のページでは注目のホスピタリティブースをご紹介します!