もうチョットでフィットが買える

ブーン
パッソ同様に、シンプルなデザインのダイハツ・ブーン。ダイハツとしては初の、「2015年度燃費基準」達成車(CL・CL“Limited”の2WD車)となる(写真はブーン)

ただ、ショックアブソーバーに予算を掛けられなかったらしい。乗り心地は悪化。ちなみにダイハツの場合、軽自動車だとフロントにショーワ製の上等なショックアブソーバーを採用してます。だからこそ最近のダイハツ車は高い評価を受けている。

しかしブーン/パッソはトヨタ側から使用するショックアブソーバー銘柄の指定があったそうな。もちろんダイハツの開発陣だって軽自動車より乗り心地悪いことを認識しているけれど、いかんともし難い。このクラスのクルマ買う人なら文句でないか?

パッソ
新型プリウスから続くトヨタのプライス設定を考えると、パッソ/ブーンの価格には割高感がある。次期型マーチなど、競合車の価格設定も気になるところだ

乗り心地の悪さを除き、クルマの仕上がりは普通。やや気になったのが価格であります。ベーシックグレードの1リッターモデルのプライスリストを見たら、109万円(1.0X)! どう考えても高いでしょう! ホンダ・フィットの1.3リッターは119万7000円なのだ。

ブーンの1.3リッターなんか125万円である。フィットとブーン/パッソを比べたら、同じ価格だったとしても100対0でフィットの勝ち。プリウス以降、ウィッシュ、マークXと低価格路線を続けているトヨタなのに、突出して高い。

ブーン/パッソのライバル車である日産マーチの次期型は、1リッターモデルで90万円くらいになると言われる。いろんな意味で最近の流れからすれば20万円くらい高い価格設定だ。果たして売れるのだろうか? 売れれば儲かると思う。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。