クロカンからSUVに近づいた

プラド
「オフロード&いつもの快適」をコンセプトとし、従来のオフロード性能だけでなく、オンロード性能でもこだわりを見せた新型プラド。でもやっぱり、オフロード性能も圧倒的だ

ランドクルーザー・プラド(以下プラド)がフルモデルチェンジした。こう書くと「そんなクルマ売れるの?」みたいに思うかもしれない。どっこい! 日本にも本格的な性能を必要とする悪路も残っており、ヘビーデューティなクロカンモデルは実需があるのだ。

まず写真を見て欲しい。従来型のプラド、歴代ランクルの中で最も地味。ライバルであるパジェロのイメージをそのまんま参考にしてきた(パクると同義語)ものの、クロカン市場そのものが大低迷。どっちに行くべきか悩んでしまったのだろう。

プラド
水平基調のインストルメントパネルに垂直基調のセンタークラスターが突き抜ける構成が、堅牢で力強い印象を与える

新型は「もはやこれまで!」と割り切ったらしく、長い間「ヘビーデューティ」を売りにしてきたクロカン4WDと違いSUV的なコンセプトとしてきた。ボディ側面のデザインなどはハイラックス・サーフに限りなく近い。フロントも乗用車風。

一方、悪路走破能力を見ると、歴代最強と言ってよかろう。中でも凄いのが「クロールコントロール」と呼ばれる、自動悪路走破制御システムだ。スイッチを入れてやれば、4つの車輪の駆動力をそれぞれ自動的にコントロールしてくれる。ベテランドライバーでもアクセルコントロールに苦しむような酷い悪路を、全くビギナーのドライバーが軽々走破してしまうのだから驚く。さらに路面状況によって駆動力配分を最適なものとする「マルチテレインセレクト」なども用意されます。