リサイクル素材を使用したモードなファー小物
HARRICANA(ハリカナ)

HARRICANA
リサイクルファーを使って作られたイヤーマフやバッグ、コート、レッグウォーマーで全身コーデ! ネックウォーマーはリサイクルウエディングドレスをリメイク。


街を見渡せば、今年はファーアイテムを使ったオシャレ女子がいっぱい。首周りにあしらう基本技はもちろん、袖や裾へのパート使い、バッグやイヤーマフの小物演出など、ポイントファーが大人気! そこで、今回ご紹介するのは、ファーを得意とする国、カナダから。本格ファーを使ったファッショニスタにも支持されている人気ブランド「HARRICANA(ハリカナ)」をご紹介します。ガイドがモントリオールで取材をしてきました。


【CONTENTS】
Page 1:HARRICANA(ハリカナ)
Page 2:最新トレンド×ユーズド感×リッチファー
Page 3:Ophelie Hats(オフェリエ ハット)


HARRICANA
モントリオール市内にある、アトリエ兼ショップ「HARRICANA(ハリカナ)」。



ガラス張りの店内は吹き抜けで開放感タップリ!


「ハリカナ」はカナダに2店舗を持っており、世界では200店舗で取り扱いがある人気ブランです。日本でも有力セレクトショップや有名百貨店で販売されています。特徴と言えるのが、リサイクル素材の使用と美しいデザインの融合です。リサイクルのファーを使って、オシャレにリメイクされたアイテムはエコ&モードの最先端。使い捨てにしてしまわないファーへの愛着が毛皮大国カナダらしい。


HARRICANAHARRICANA
イヤーマフ、グローブ、バッグ、スカーフ、アクセサリーなどはすべて
リサイクルファーをリメイクしている。
リサイクルファーを使ったブーツや小物がズラリと店内に並ぶ。


1994年にデザイナーのMariouche Gagne氏は、小物・アクセサリーのコレクションを「ハリカナ」の名前でスタート。ブランド名はカナダの川の名前に由来しているそうです。「未来のファッションは上質でノーブルで、土に還る素材で作られる」というメッセージを掲げています。


次のページでは、最新トレンドがいっぱい詰まったスタイル!