日本にも入って来てほしい!
カナダ発「ファストファッション・ブランド」

2009-10秋冬 カナダ・トロントファッションウィーク会場内


お手頃プライスの「ファストファッション・ブランド」が、続々と日本進出を果たし、人気を博しています。今回、ご紹介するのは、その中でも、かなり知る人ぞ知るもの。カナダ・トロントで大人気のファストファッション・ブランド「Joe Fresh Style(ジョー フレッシュ スタイル)」にフォーカスします。

トロントは地理的にもNYに意外なほど近く、北米でニューヨーク、シカゴなどに次ぐ規模の大都市。世界でも屈指の民族・文化の多様性を誇ります。ガイドが取材した3月に開催された2009-10秋冬トロント・ファッションウィークでは、華やかなエンターテインメントで会場内もヒートアップしていました!

【CONTENTS】
Page 1:カナダ発「ジョー フレッシュ スタイル」
Page 2:フルーツ・野菜のように「生鮮モード」
Page 3:ふんわりボリューミー!
Page 4:ニットの着方を格上げ!


Joe Fresh Style(ジョー フレッシュ スタイル)

ジニー・ベッカーとイリナ・ラザルヌ
さすがのファッションアイコンのイリナ・ラザルヌのプライベートファッション!この秋トレンドの「マニッシュスタイル」をさっそく取り入れて。


「ジョー フレッシュ スタイル」のバックステージでは、カリスマジャーナリストのJeanne Beker(ジニー・ベッカー)氏が姿を見せ、カナダ出身のトップモデル、イリナ・ラザルヌにインタビューを。カナダの高級モード誌「FQ」「SIR」編集長として有名なベッカー氏は、カナダ版アナ・ウィンター的な存在で、トロントファッションを盛り上げているキーパーソンです。


ジョセフ・ミムラン氏(左)とジニー・ベッカー氏(右)


ショーを終えたデザイナーに、ベッカー氏がTVインタビュー。こちらが、「ジョー フレッシュ スタイル」を手がけるJoseph Mimran(ジョセフ・ミムラン)氏。元「CLUB MONACO(クラブモナコ)」を立ち上げた手腕の持ち主です。

世界には「H&M」「フォーエバー21」など様々なファストファッションがありますが、この「ジョー フレッシュ スタイル」はどこが凄いのか、次のページでご説明しましょう!


次のページでは、店内へご案内!