スローフード、スローライフ、ロハスといったトレンドは定着してきたようですが、かつての新鮮さは薄れてきたのではないでしょうか。わたしたち人間は飽きやすい生き物。ロハスに象徴される「静」のトレンドも続いていますが、その一方で、もっとシャープな「動」への転換も始まっています。このような時代の流れの中で、カラートレンド(流行色)も、色の表現力、コントラストを強める方向へと動いています。

それでは、2007秋冬のトレンドカラーの特徴を、パーソナルカラーのアドバイス付きで、ご紹介します。


CONTENTS
その1:黒から発展したブラキッシュカラー
その2:女性らしさの匂う鮮やかなディープトーン
その3:グレー系のバリエーション
その4:シルバー&ゴールドのメタリックカラー
その5:ブラウン&オリーブのアースカラー

黒から発展したブラキッシュカラー

2007秋冬のトップトレンドは、黒から発展したブラキッシュカラーです!
2007秋冬のトップトレンドは、黒から発展したブラキッシュカラーです!

2007秋冬は、黒を基調としたファッションに注目が集まっています。店頭にもさまざまな黒いアイテムが並んでいて、遠目には黒に見えますが、近寄るとわずかに色みが見えるようなブラキッシュカラーが今シーズンらしい特徴といえるでしょう。

黒やブラキッシュカラーがよくお似合いになるのは、パーソナルカラーの4つの基本のタイプの中では、ウィンタータイプの方です。自信をもって着こなしましょう。
【ウィンタータイプ レディーズ編メンズ編

その他のタイプの方は、顔色を悪く見せ、持ち前の個性を殺しかねないので、トップスよりもボトムにもってくると、デメリットを軽減できるでしょう。

パーソナルカラーとは、似合う色や苦手な色の傾向を把握し、個性やライフスタイルに合ったスタイリングを考えていく手法のことです。基本となる4つのタイプをご紹介していますので、まずはあなたのカラータイプを見つけましょう。
パーソナルカラー診断 レディース編パーソナルカラー診断 メンズ編

女性らしさの匂う鮮やかなディープトーン

クチュールカラーのような、濃厚で鮮やかなピンク
クチュールカラーのような、濃厚で鮮やかなピンク

今シーズンの特徴は、コントラストを強調したカラーコーディネートです。全身をブラキッシュカラーで統一してもきれいですが、無難な印象になりがち。例えば、カラータイツやインナーなどに、クチュールカラー(高級仕立て服に特有の濃厚で鮮やかな色)を合わせると、女性らしさの匂う鮮やかな印象へと変化します。


深みのあるブルーグリーンで、知的でキレのよさをアピール
深みのあるブルーグリーンで、知的なキレのよさをアピール

鮮やかなピンクは、セクシーさを強調してしまうので、夜のお出かけなどいい女を印象付けたいときにおすすめです。オフィスには、深みのあるブルーグリーンを合わせると、知的なキレのよさを演出することができるでしょう。シーンに応じて、艶やかな女性らしさを心がけたいですね。


次のページは、グレー系のバリエーション、シルバー&ゴールドのメタリックカラーをご覧ください。